「ほっ」と。キャンペーン

自転車に乗って風を追う

危険な自転車の母親

東京もこの数日雨が降り続き自転車通勤の私も毎日レインウェアを着て走っている。
普段は大通りの車道を走っているのだが昨日の朝は大通りを避けて裏道を行くことにした。その方が安全かと思ったからだ。しかし、それは誤りだったようで大通りの車道を走る方がはるかに気楽で早いか思い知った。
歩行者と自転車と自動車が走る裏通りはそれぞれに気を使わなければ自らが危ない。
特に自転車は怖い。雨が降っているから片手に傘を持って走っているのを後ろから追い抜こうとするといきなり傘を傾けてくる。前からくる自転車は雨を避けるため傘を低く前にかしげているからこちらが近づくまで気が付かないまま勢いよく走ってくる。
そしてもっともひやりとしたことがある。ある四つ角で左側から前後に二人の幼児を乗せた母親が片手に傘を持って猛然と走ってくるのに危うくぶつかりそうになるところをこちらが早めにブレーキをかけて衝突を避けえた。
こちらが驚いているのをチラリとも見ずにそのまま行き去った。
いつだったかは、同じように前後に幼児を乗せた母親が携帯で話をしながら歩道を走ってくるのに出会ったことがあるが、このときも危うくぶつかりそうになったのを避けえた。
はてさて、この母親たちはもし事故を起こして子供が怪我することをなんとも思っていないのだろうか?
私は自分の子供たちを連れ歩くときこのような危険な状態にすることはとてもできなかったがそれは単に臆病だったからなのだろうか。そうではない、どんな小さな怪我でも自分の不注意で子供に怪我をさせてはならないという思いがあったからだ。
だから次女が小学生低学年のころ後ろに乗っていて足が車輪に巻き込んでかかとを大きくそぐという事故を起こしたときは青くなり、夢中で外科病院へ駆けつけた時のことはいつまでも申し訳ないと思っている。

子供を乗せたまま駐輪させて店に入る母親も多い。
近頃の母親は子供を守るという意識がそれほどに希薄になったのだろうか。
少子化が進む中で母性本能は変化しつつあるのだろうか。

この春に母親となった次女にはそうでないようにと願うのみである。
[PR]
by kiyohito-o | 2004-10-05 09:56 | 自転車
<< 買ってしまった!「タルタルーガ... 何のための内閣改造か? >>