自転車に乗って風を追う

ちょこっと試乗

この自転車を買った理由の一つに折りたたみということがある。
リカンベントが欲しいと思いつつも輪行のしやすさを考えると躊躇するものがあったが、これなら曲がりなりにも折りたためるので良しとした。

試乗する前に先ずは折りたたみと展開の仕方を確認した。
折りたたみの最初は背当をつけたままサドルのシートポストをクイックリリースを緩めて引き抜く。
次にトップチューブの中央部でひかり輝いている金具の端を持ち上げると軽くロックがはずれるからその状態でトップチューブを持ち上げると後輪がグッと前に引き寄せられて「カチッ」と小さな音がしてロックされた。ほぼ半分の車長になったろうか。
前輪と後輪が一線上にあるからこのまま転がしての運搬ができるところがこの折りたたみの特徴でもある。
更にハンドルステムをトップチューブに近いところにあるレバーを倒すとステムが左下に折れ曲がってト前輪と後輪の間にハンドルがもぐりこんだ。

この状態で専用の輪行袋に入れる。ちょっと膨らむが袋の下部の空いた部分にサドルを押し込めることもできる。
輪行袋は下側にもファスナーがあるのでこれを開けくるくろと巻き上げてベルクロで止めると車輪が出て転がすがすことができる。もっともこうするとサドルは収納できないので別の袋に入れ肩にかけなさいということのようだ。
サドルの収納にもう一工夫あってもと思う。

今度は展開をしてみた。
輪行袋からだして折りたたみを解除しようとするが、2ページしかない簡単な説明書には「ロックを外し」とあるもののその場所がしめされていないので何処にあるのか分からない。
ようやく折曲がったチューブの下側に板バネ状の金具で作られたロックを見つけた。
指で端を下側に押すて後輪側を引いてやるとフレームが伸びた。
接続部のロック金具は操作になれないと簡単にロックできない。

それとややロックの甘さが気になるがそれは様子をみてということにしてとりあえずは乗ってみることにした。
我が家の玄関先の道はゆるい坂になっている。サドルにまたがり右足をペダルにかけて軽く踏み出してみた。ハンドル位置が上にあるのと、前輪の位置が体のずっと前にあることなどからややふらつく。でも、この自転車はふらつきを和らげるために前フォークとダウンチューブの間にスプリングを取り付けているからなのかすぐに安定させることができた。

走り出してしまえば普通の自転車とそうかわりない。
サドル位置が低いせいか路面の移動が早く感じるのと、コーナリングで路面に近づく感覚がこれまでにない気分だ。さらに目線が上を向くために視界が広い。
こんなことがこの自転車の楽しいところなのだろうと納得した。
10分ばかり近所を一回りしてみたが「面白そうだ!」という感じがあってこの自転車への投資に悔いはなかろうと思う。
[PR]
by kiyohito-o | 2004-11-07 22:00 | タルタルーガ
<< 1時間の試走 初めての集団走行 >>