自転車に乗って風を追う

自動車との事故

自転車(クロスバイク)で出勤途上に自動車との事故にあってしまった。
大抵は幹線道路を行くのだが、今朝は時間に余裕があったことからのんびり行こうと裏通りを走った。JR東海道線沿いの道を行くと右手に大手の仕出弁当会社がある。会社の近くまでいくと事業所から数台続いて配達車がでてくるから徐行気味に進むと、右折しながら私の前にでてきた配達車は左側に駐車している車を避けるために右に蛇行する。少し先にはもう1台が駐車しているのを私は確認していたので、前を行く配達車がまた右へ曲がったのはそれを避けるためだろうと思いつつやや右寄りにゆっくりと後ろへついて走った。が、配達車は直進せずにどんどん右折して私のほうへ寄ってくるからあわてて私も右へ避けようとしたがいくらもしないうちに自転車の前輪は自動車のタイヤに接触して巻き込まれてしまった。
幸いに私自身は無意識のうちに自転車から飛びのいたので全く打撲も怪我もせず前輪大破の物損だけですんだ。
配達車が右折のウインカーを出していたら私も停止していたのだがそれもなく、なおかつドライバーはバックミラーでの確認もしていなかったと思われる。というのは、接触したときもきづかなかったようで、自転車を踏み潰して気がついたようだ。
双方が低速であったからよかったが、こちらがスピードを出していたら私も打撲や怪我の程度がおおきかったのではと想像する。

じつはこの自転車では1年前にも自動車との事故にあい、前輪を大破し交換させている。
それも裏通りではあるが信号もあるところで横断中に対向からきた右折車が前方未確認のまま一時停止をしないでぶつかったきたのだった。

安物とはいえ、買ってから丸3年。自転車自体の不良からくるトラブルもなく旧中仙道を江戸から京都まで走ったのを始め、あちこちをツーリングしてきたのだから愛着もあるので修理して乗り続けたいと思ってはいるのだがどうだろうか。

しかしそれにしても、幹線道路の車道左側をはしるよりも、裏通りや歩道を走るほうが遥かに危険を感じるようになった。歩道でも裏通りでも特に自転車に一番の危険を感じる。
自転車利用者のマナーが一段と悪くなったように思えるが、過日のニュースでどこかの県警かで調査したところ自転車の事故を起こした人の半数が自動車免許をもっていないことから、自転車に乗るについて必要な交通法規を知らないことが大きな要因でもあると報じていたが多分に肯定できる。

自分では充分に注意しているつもりではあるが相手があっての事故は防ぎようがないのである種の覚悟を持って自転車を利用するしかないといっては大げさだろうか。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-01-18 22:22 | 自転車
<< 一族親睦会 武蔵野散策 >>