自転車に乗って風を追う

常陸路を走る(つくばりんりんロード)

a0009647_14491133.jpg昨日は常陸太田から水戸を経由して水戸線笠間駅まで輪行して笠間稲荷に近い旅館に泊まった。
今朝は宿を出て笠間稲荷を参拝してから国道50号線を西に岩瀬まで走った。ここからは筑波鉄道の廃線跡を整備した「つくばりんりんロード」が土浦駅近くまで続く。
道路の整備状況はかなり良く、筑波山をみながら大きく回りこみながら、その多くは田園の中を進んでゆく。
a0009647_15203862.jpg


a0009647_1512452.jpg途中に何箇所かは鉄道があったことを証明するようにホームがそのまま残っている。昨年九州の耶馬溪自転車道を走ったことを思い出した。あそこも耶馬渓鉄道の廃線跡なので同じようにいくつかのホーム跡がみられたのだ。


a0009647_1562215.jpg
真壁を過ぎてから道を一旦左にはずれて筑波山神社へと向かった。が道はずっと上りだからタルタルーガでは到底走れないとあきらめ30分以上も押し歩く。
休憩所で昼食をとってから神社へ向かい参拝の後ケーブルカーで山頂へ上がった。
生憎とかすんでいて視界はよくなかったが眼下にりんりんロードを見つけることはでき、先のほうには霞ヶ浦が光っていた。

休憩所に戻り山を下る準備をしていると休憩所の主がでてきて「変わった自転車だね。外国製かい?」と問い始めしばし眺め回していた。「へえ、自転車にもディスクブレーキをつけられるの?」との驚きも。

名産のレンコンを収穫する光景を見やりながら走るうちに土浦の市街が近くなり駅近くでリンリンロードは終点となった。
このりんりんロードを数台のタルタルーガで走ってみたら楽しいだろうなと思いつつ土浦の駅頭で自転車たたんで帰途に着いた。


[PR]
by kiyohito-o | 2005-03-31 22:47 | タルタルーガ
<< 都心ポタリング 常陸路を走る(日立電鉄FINA... >>