自転車に乗って風を追う

多摩湖自転車道を走る

多摩湖自転車道というのがあるのを知ってはいたが行ったことがなかった。
好んで自転車道を選んで走るほうではないから行こうとも思わなかったのだ。
しかし、改めて地図を眺めると多摩湖(村山貯水池)を周回する部分もあるとわかったので行ってみることにした。
西武線に沿った道でもあり、走るのが嫌になたら輪行で戻るのもたやすいと思えたからだ。

a0009647_16465489.jpg自宅から環七を井の頭通りまでゆき、井の頭通りを7号線と交わるところまで行くとその先が多摩湖自転車道の始点となる。
多摩湖までは西武線と平行した殆ど平坦な道だ。
しかし、自転車道というものの「自転車及び歩行者専用道」であるし、付近は一般住宅も多く更には休日ということもあってそぞろ歩きの歩行者が多く突っ走るというわけにはいかない。
そのうえ、この区間にはやたらに車止めの杭がたっている。しかも杭の間隔はようやく自転車が抜けられる程度になっているからどうしても徐行せざるをえない。
a0009647_16431444.jpgここは、ママチャリでのんびりといくのが前提の自転車道と思ったほうが良さそうだ。
途中、小平には市が管理する「ふるさと村」があり古民家が保存されている。暖かい日差しをあびた家の縁側を見ていると子供の頃に両親の田舎で遊んだことを思い出してきた。

a0009647_16445740.jpg多摩湖を周回する部分は、車道の多摩湖側にあり、舗装状態もよいが多摩湖側は高い網フェンスになっているのでただひたすらに走るしかない。眺めが良さそうだからとどこででも多摩湖畔に寄る事ができないのが残念だ。
a0009647_1644126.jpg西武球場がこの直ぐ脇にあるが、改めて思う。こんなところまで野球を見に来るのはよほどのフアンだなと。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-02-11 23:18 | タルタルーガ
<< 43年ぶりのスキー 三浦半島を走る >>