自転車に乗って風を追う

「桜は佐倉で」クラブオフ会

今日はクラブメンバーで佐倉の桜を楽しもうと「桜は佐倉で」と銘打ったオフ会だった。
京成佐倉駅に集合したのは7名。
私は自宅近くの都営地下鉄の駅からタルタルーガを携えて佐倉駅まで輪行した。
直通電車を使ったので乗り換えも一度だけ、それもホームで向い側の番線に移ればいいだけだから楽だった。

メンバーの一人F氏は例によって昨夜は野営、自転車の前部には今日の昼食のバーベキューのために小型七厘が積まれている。F氏が参加しているオフ会はいつもグルメな食事になるのでメンバーの誰もが楽しみにしている。

駅からすぐ近くの佐倉城址公園の坂を上がり、園内の桜を見ることにする。本丸跡の広場の周囲にはたくさんの八重桜があるが未だ蕾が開き始めたばかりであった。
もと来た坂道を下り、印旛沼の岸にある「ふるさと村」へ向かう。近づくにつれ人も車もおおくなり、自転車での通行が難しくなる。
臨時の駐輪場に自転車を置き、チューリップの咲き誇る畑へに行ってみる。少し先にはオランダ風景を演出するために1つだけだが風車が立っている。
a0009647_1939082.jpg12,000㎡に12種類、12万本のチューリップを栽培しているというから結構見ごたえがある。
レンタルのオランダ衣装を着た少女達の姿もあって少しばかり雰囲気を盛り上げてくれている。
ここからサイクリングロードに入り、北印旛沼を結ぶ水路の入り口近くにある公園まで走る。

a0009647_1951921.jpgやや向かい風が強いが草地が広がる中の道なので気持ち良い。これまで印旛沼のイメージは特にいいとも悪いとも思っていなかったが、自然の中を走る心地よさが感じられ気にいった。

a0009647_20233850.jpg公園に着くと早速バーベキューの準備が始まる。牛久のT氏夫妻が車でコンロや食材のほかテーブルまで運んでくれていたので、F氏と共に調理が始まると次々と出来上がってくる。更にはT氏と住まいが近いMさんがおにぎりを持参してくれたり、73歳になる最年長のA氏が佐倉の銘菓を用意しているなどデザートまでもあって楽しく、美味しい食事となった。


a0009647_2071512.jpg このあと水路を北にたどって吉高の大桜を見に行くことにした。
最近TV番組でも紹介があった影響もあるのか、台地の畑の中にそびえる桜を見に大勢の人が集まっていた。樹齢300年を超え、根方が7m弱もあるという古木は見事に花を咲かせている姿に多少の感動を覚えた。

公園に戻り、自動車できたメンバー達と別れ京成佐倉駅まで走る。ここからA氏は船橋まで自走で帰るので、船橋の義兄宅へいく私は道案内をして頂くことにした。
自動車の通る道を避け、サイクリングロードや田畑のある谷津に沿った道を行くのだが非常に気分が良いところだった。
暗くなって雨も降り始めた頃義兄宅に到着。30数年ぶりに泊めてもらうことにした。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-04-16 20:03 | タルタルーガ
<< 船橋から葛西臨海公園を経て自宅... クレジットカードが使えない不便 >>