自転車に乗って風を追う

北海道パックツアーに参加

ゴールデンウイーク中の5日から8日まで夫婦で北海道のパックツアーに参加してきた。
安いツアーを次々に企画する某旅行会社のパックツアーで、3泊4日で往復飛行機の航空券混みで一人あたり3万3千円だから内容に十分満足いくものでないことは承知のうえだ。
二人で何日も旅行に行ける日がなかなか無かったのだが、6日に休暇をとるだけでよかったのが幸いだった。

5日に羽田から札幌へと向かう時点で既に搭乗予定の出発時間が2時間も遅延していたから
到着時刻に出発することになり、1泊目の阿寒湖温泉へは午後8時になっていた。それでも札幌から阿寒湖まで長いバスでの移動も北海道の広さを感じさせてくれる車窓に、いつもはすぐ寝てしまう妻も見入って楽しんでいた。

6日は摩周湖、知床五湖、知床遊覧船などを経て温根湯(おんねゆ)温泉の宿泊であったが、摩周湖の西側を巡る道路は吹雪のため通行止めということでもと来た道へ戻るということがあったり、波が高いために知床遊覧船による観光も中止となった。
思わぬ大雪に出会い、地元出身のバスガイドさんも驚く季節外れの寒波到到来で北海道の冬を体験できたようでもあった。
温根湯温泉のホテルは設備もいいし、客扱いも料理も満足できるもので、料金が見合うのかと心配するほどだった。

7日は北きつね村、層雲峡、美瑛を巡って定山渓温泉での宿泊となる。
層雲峡への道は石北峠を越すがここも雪景色の中で層雲峡で銀河・流星の滝を見学時は底冷えがすごく誰もが早々にバスの中へ戻ってしまうほどであった。
美瑛の丘は最近至極人気のあるところだが、なるほどと納得するほどに広くゆったりと広がる丘の景色は冬枯れの中でも魅力を感じる。花の咲く時期はさぞ見事だろうと思う。

8日は2時過ぎまで小樽観光組と札幌市内自由散策組に別れ、私達は市内自由散策とし更に妻は札幌在住の友人と落ち合い、私はレンタサイクルでぶらぶらすることにした。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-05-09 18:47 |
<< 都内散策(佃島、若洲、葛西臨海公園) TOMTに参加 >>