自転車に乗って風を追う

また警察官に声を掛けられた

タルタルーガに乗って秋葉原まで出かけた。
帰り道、品川駅前で信号待ちで止まった。そこには婦警さんが交通指導をしていた。私に気がつくと横断歩道の通行人に気を配りながらも、私のタルタルーガに視線を注いで話しかけてきた。
婦警「折りたたみですか?」
 私 「ええ、そうです」
婦警「ちょっと変わってますね」
 私 「ペダルの位置が前方なのでね」
婦警「ああ、寝そべるようにして乗るのね」
そこで、信号が黄色に変わったのでペダルを踏み出す構えをとると
婦警「お気をつけて!」
とまで言ってくれた。

このタルタルーガに乗って約1年、これまでに4回ばかり警察官に声を掛けられた。
仕事柄なのか意外に目ざとく見つけるようであるが、気軽に声を掛けてきてくれるのはシルバー世代のおじさんが乗っているからだろうか?

これまでは、警察官に声を掛けられると「何か悪いことをしたかな?」と思わず緊張したが最近は「また、話しかけられたな」としか思わなくなったが、警官を意識しなくなったら危ないかなとも考えている。 
[PR]
by kiyohito-o | 2005-09-30 23:11 | タルタルーガ
<< 16ヶ月ぶりの娘の帰国 会津路を走る >>