自転車に乗って風を追う

追いかけてきた警察官

職場の後輩に用があったので日本橋の会社を訪ねる。
久しぶりに今日の足は「タルタルーガ」。
その後、調子の悪くなったパソコンのパーツを購入しようと秋葉原まで走る。
目指すショップは改装中で明日まで休業とのこと。
やむを得ず他の店へ物色することにする。
秋葉原も東側の開発が進み、西側の従来からの電気街の人の動きが減るかと思われたが相乗効果で増えているとのことだから、これまでと変わった様子はない。

横断歩道を渡り、車道を進もうとすると停車した車の列で走りにくいから歩道を行く。
2つ3つ歩道の縁石をがたがたと乗り越え、二人の警官が立ち番をしている脇を抜けてショップの並ぶわき道へ左折して50mほどいったとき何か後ろで声がしたような気もしたが、そのまま走っていた。しかし、何かその声に気になり自転車をとめて後ろを振り返ると、一人の警官が私を追って走ってくる。
「何かやったか?」とちょっとばかり不安を抱きながら待った。
すると、警官は手に持った物を私の方へ出しながら「落ちましたよ!」という。
「何が?」とそれをみると自転車の後輪のハブ付近に取り付けてあった後尾灯だった。
先刻、歩道の縁石を乗り越えた時の振動で抜け落ちたらしく、それも立ち番をしていた警官の足元だったらしい。

そういえば、そこを通り抜けるとき二人がこの自転車を「おや!」というように見ていたようでもあった。
それにしても、かの警官は私がゆっくりと走っていたとはいえ100m近くも追いかけてきて息をきらしていなかったのはさすがだ。

そう、この抜け落ちた後尾灯は100円ショップのものだからこんなことになるのだ。
これまでにも経験があるからもう買うのはやめよう。
やはり、しっかりしたものはそれなりの値段になるものなのだと改めて納得。
そうはいいながら、その日低価格に誘われてあるものを買ってしまった。
懲りないな!
[PR]
by kiyohito-o | 2005-11-01 18:43 | タルタルーガ
<< 多摩丘陵ポタリング 戦艦「三笠」を見学 >>