自転車に乗って風を追う

多摩丘陵ポタリング(その2)

明日の勤労感謝の日を祝うかのような穏やかな晴天。
是非やらなければならないという用事もないのを確かめ9時半近くに家を出る。
再び多摩丘陵方面へ行きたくなったので多摩川の丸子橋を渡り中原街道を進み府中街道にでて府中方面に向かって走る。
右手に等々力緑地を見ながらの道は大型車が結構多い上に道幅もやや狭くなるので緊張する。
最近テレビで自転車事故に関する報道を目にすることが多くなってきたことが潜在的に恐怖心を植えつけられてきたのだろうかと思ってしまう。

第三京浜の高架下を潜り抜けた先で左手に斜めに分かれる旧道らしい道を進む。それほど長い距離ではないが道幅も広く舗装も痛んでいないので気持ちよく走れる。右側の暖かい陽射しを受けた木造民家は戦前のものらしい落ち着いた風情が感じられた。
庭の柿の木には青空をバックに熟れた柿の実がいくつか残っている。

溝口あたりから生田の高台の裾を二ケ嶺用水に沿って伸びる道は車も少なくなって走りやすくなってきた。長尾橋交差点で左に上る坂の向こうに何かありそうな気がして上り始める。結構つらい上りになった。坂の上の方で道路工事が行われ一方交互通行になっているので途中で待たされたから勢いをとめられたのでなおさらだ。
a0009647_10386100.jpg上りきったところは五所塚、そのまま更に進みゆるく下っていくと「長徳寺」の案内を見つけたのでたどってみる。関東36不動尊の一つで「神木山長徳寺等覚院」であった。門前の細い道に不不似合いな立派な山門がある。本堂まで階段をあがって振り返ると眺めが開けている。

再び長尾橋に戻り、稲生橋交差点を左に折れて坂をあがり二股の分岐を右に行くと生田緑地の入り口になる。広い道が続いているが自動車は勿論、自転車も進入禁止とのこと。駐輪場に自転車をおいて川崎市立日本民家園に入ってみた。
名前は知っていたがこれまでくることは無かった。古民家が並んでいるだけだろうと思っていたのだが丘陵の斜面を利用して23棟の古民家が樹木にの生い茂る広い敷地内に点在させてあったから古民家のもつ雰囲気を損なわないでいるのがうれしかった。
a0009647_1124224.jpg半数弱は地元川崎と県内のものだが、ほかは全国各地から移築し復元したものだという。
これまでにもあちこちで古民家をみてきているが、太い柱と梁で組まれた力強さを感じる。特に屋根を支える梁に自然の木の曲がり具合をアーチ状に生かした巧みさには感心する。
古民家は隙だらけで消して上等な住環境ではなく、冬の寒さは相当なものだと思われるが、それでも焚き木が燃える囲炉裏を囲んで家族が食事をし、団欒をし、仕事をする光景を想像すると暖かさがわかるような気がしてくる。子供のころ母親の実家で囲炉裏を囲んで食事をしたことが思い出されてくる。
a0009647_1145757.jpg
園内でもみじが見事に紅葉して真っ赤になって太陽の光を受けていたのもきれいだった。

八王子方面まで走ろうと矢野口交差点で鶴川街道に折れた。道はやや細くなるが車は少なく落ち着いた雰囲気がある。しかし民家園で時間を費やしたこともあり途中で断念し、稲城駅近くで府中街道に合流する住宅地の中のわき道へと方向転換した。
南多摩駅近くの大丸交差点で府中街道に戻り、多摩川の是政橋を渡るとサイクリングロードに入り、丸子橋に戻った。
水道橋からは川崎側に戻った方が舗装されたサイクリング道路なので快適なのだが、あえて未舗装の方を行った。砂利道は走りが重くなるし、腕に響く振動で疲れもでるのだが久しぶりにワイルドな感じを見たくなったからだった。

途中東名高速が横切るところにある警視庁自動車練習所の脇で休憩する。
そこでは、電気、ガス、水道、道路補修などの緊急車両が緊急出動時の訓練をやっていた。
これまでこのような訓練を行っているなど知らなかったので興味深かった。
交差点での一時停止の仕方、歩行者や一般車両への注意呼びかけなど現場へ短時間に到着できるように運転しつつ安全も確認しなければならないのは結構大変であることを認識させられた。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-11-22 21:57 | 自転車
<< 5年ぶりの旧東海道 多摩丘陵ポタリング >>