自転車に乗って風を追う

130キロを走って従兄弟を訪問

明日行われる叔母の法事のため群馬県太田市まで東京の自宅から自転車で走った。
国道122号線を行くが、川口を過ぎて東北自動車道と並行するようになると味気なさと埃っぽさに嫌気がさしてきたので道をそれる。
伊奈町を通過するときは右側に水田が続き路面もよいし、道幅もあるのに自動車が少なく気持ちがいい。
蓮田を過ぎ菖蒲町で再び122号線にもどり、田園風景の中を羽生の手前まで走る。
羽生の市街に入って早めの昼食を摂る。
昼食後は市街を抜け秩父鉄道を越えたところで122号に戻って昭和橋で利根川を渡るが、昭和橋の手間のほうで歩道を走っていたが信号のある交差点を100mほどいったところでぷつんと歩道が切れて「この先通行不可」の看板が立っていた。車道に出るほかないのだが車道との間には15センチほどの高さのコンクリートブロックがつながっており、荷物でおもくなっている自転車を持ち上げて車道に移ろうとしたが自動車がすぐ際を走り抜けていくので危険を感じ、やむを得ず信号まで引き返した。
信号から歩道の終点までの間に脇へそれる道はないのだから、看板の位置をもっと手前にすべきだと不満を持った。
東武伊勢崎線の茂林寺駅近くで国道から東へ入り、「分福茶釜」で知られた茂林寺に立ち寄る。山門をくぐり本道に向かうあいだの両側にはさまざまなご面相の狸像がならんでいる。
a0009647_2232976.jpg
a0009647_22331037.jpg

本堂に分福茶釜がるというので拝観料を払って入ってみる。それ自体はなんの変哲も無い茶釜だが「しょうじょうじのたぬきばやし」という童話にまでなったという由来がうまれたことになるとそれらしく見えるところが面白い。
a0009647_22385014.jpg


ここから少し北にある館林の「つつじが岡公園」にも足を伸ばす。
樹齢800年を超えるヤマツツジの他多数の由緒あるツツジが植えられていることで有名だが先の茂林寺とともに、幼児の頃から何十度となく東武伊勢崎線を使っていながら初めてきてみたのだが、これも自転車を旅の手段にするようになったからだと改めて実感する。
a0009647_22564965.jpg

ツツジを見たあとは再々度122号線を竜舞町まで走り北に方向を変えて程なく太田市の従兄弟宅へ到着した。
あらかじめ一晩世話になることは伝えておいたが、自転車でとは言わなかったから皆驚いていていた。
どうやら明日は雨になりそうな気配だ。が法事の後の食事もいつ終わるかわからないし、明日には帰宅する必要もあるから当然輪行で帰ることにする。

今夜は久しぶりに従兄弟夫婦とゆっくりと談笑もしたし、気持ちよく寝られそうだ。
[PR]
by kiyohito-o | 2006-05-06 23:48 | 自転車
<< 新車でポタリング パソコン教室のインストラクター >>