自転車に乗って風を追う

しまなみ海道-向島

渡船場から少しばかり民家の並ぶ狭い道を進んでから国道県道377に出て西へ直進。
水際にでたところで左折する。岩子島との間にある御幸瀬戸に沿って走る。

向島大橋の下をくぐり、国道317号と合流した先で小さな店を見つけたので立ち寄る。
今日は食糧を何も持っていないことに気がついたからだ。
店にはおばあさんが店番をしている。パンなどがほしかったが、菓子類とインスタント麺のようなものばかり。
何もないよりはいいだろうと、袋入りの飴と餡の入った一口菓子の袋入りを買う。
ふと、40年も前に陸中海岸の北山崎入口でバスを待つ間に、停留所前の雑貨店ですきっ腹を駄菓子で補ったことを思いだした。

さっそく飴を口に含んで再び海沿いに道を行く。
布刈鼻という岬を回ると前方に因島大橋が見えてきた。
a0009647_2242225.jpg
この橋を渡るには橋の下をくぐり、島の南端をまわって少し先にある老人ホームの脇から大きく蛇行する坂道を登らねばならない。

傾斜はそれほどでもないが結構長いのでしんどい。が少しずつ海岸の景色が眼下になり目を楽しませてくれる。

橋に取りつき料金箱に50円を投入。

この橋の歩行者・自転車道は、後からとってつけたように自動車道の下にあり、メンテナンス用の橋を流用したように思える。
したがって橋の構造材が多く、海の景色を楽しむことを阻害しているようにみえる。
がそれでも未来的な景観が面白い感じがしないでもない。
a0009647_22424396.jpg

1.2kの橋を渡り終えて因島に入る。
[PR]
by kiyohito-o | 2008-03-27 22:59 | 自転車
<< 明日の全国オフへ出発! しまなみ海道-尾道散策 >>