自転車に乗って風を追う

いとこ会

今日は母方の従兄弟達12人で伊豆の下田へ親睦旅行だ。
12人のうち4人は従兄弟の連れ合いだが今はもうその違いはない。
7人の従兄弟は群馬の太田市在住。
我家の前に住む足が不自由になって出歩けなくなった叔母の顔をみたいからとて
早朝に太田を発ち10時近くに集まってきた。
ひとしきり叔母の家で談笑の後、叔母から昼食にと近くの店に頼んであった折り詰めをめいめい頂戴して駅に向う。

東京駅から「スーパービュー踊り子号」に乗る。
田舎の人たちは普段どこへ行くにも自動車なので、叔母の家に行くならたまには変わった電車で行きたいとの希望に沿ったものだ。

席に落ちつくとすぐに叔母からもらった弁当を広げ、ビールを飲む。
伊豆急下田までの3時間弱の前半はどのボックスでも笑いが絶えなかったが伊東を過ぎると眠りだす者も出てくる。
窓の外はうっすらと伊豆大島の影が見えるが明日の天気が危ぶまれる気配が濃厚。

下田駅前からホテルの送迎バスで白浜のホテルに向う。
3部屋の人数割当と、宴会場案内の表示を「○○家親睦会」にするよう依頼。
3階の部屋からは海が目の前。
あいにくの見晴らしが残念だ。

一風呂浴び、一息ついたところで宴会場に入る。
12人でも広すぎもせず、狭すぎもしない部屋だ。
[PR]
by kiyohito-o | 2008-06-07 23:40 |
<< 福島県高湯温泉 明日の全国オフへ出発! >>