自転車に乗って風を追う

我が家のペットの犬種は?

a0009647_22113937.jpg先日ペット犬「チャコ」の散歩に出たとき、奥様風の上品な中年婦人に出くわした。
彼女も小型犬(犬種は思い出せない)をつれての散歩途中だ。お互いの犬同志は気が合ったようで尾を振りながら鼻を突き合わせている。
と、彼女はちょっと小首をかしげるような感じで「なんと言う種類ですか?」と尋ねてくる。
「ああ、またこの質問か」と内心いやになった。
これまでも幾度と無く尋ねられたことがあるのだ。
なぜか「チャコ」はそれほどに気になる存在なのだろうか?
あるいは自分の犬は見るからに判断がつく犬種であるが、「雑種」ですか?」と聞けないものだからそう尋ねるのであろうか?などと感じるのはこちらの僻みだろうか?

その「チャコ」であるが、おととしの春彼岸に千葉の柏に在住の未知の人から譲ってもらったものだ。2月1日生まれだというから2ヶ月弱のうちに我が家へ引き取られたきたのだ。
親もMixでそれ以前も定かでないとのことだが、我が家へ来た当初は両の手のひらが余るほどに小さく、身体も細く、毛色は紫がかった茶色で鼻の頭が白く、しかもネズミのような尾をして貧相に見えた。
しかし、未だ寒い季節でもありしばらくは部屋の中で飼うことにした。食事時には足をテーブルにかけないようにしつけたら幾日もせずすぐに覚えてくれたから食事時は胡坐をかいた私の脚の間にうずくまりじっと待っている。そして食事が終えて食器を片付け始めると脚の上から飛び降りじゃれ始めるのだ。
1年もすると身体も大きくなって両前足を交差させる貴婦人ポーズをとるようになって「ただのMix」らしからぬ容姿になったと見えるのは親馬鹿の類だろうか。

そして妻との雑談の中でこれからは犬種を問われたら「スーパーMix」と答えようかなどと冗談話をした。
柴犬のような身体の毛色、シェパードのような黒色の混じった尾、コーギーのような顔と耳、○○のようなしなやかな身体などいろいろに見える犬だから。
[PR]
by kiyohito-o | 2004-08-05 10:10 | ペット
<< 猛暑にみる涸れた人心 暑い夏が更にうっとうしく >>