「ほっ」と。キャンペーン

自転車に乗って風を追う

真夏日のサイクリング

相模原の次女宅へ妻、三女、長女とその子が訪ねることになった。
私一人自転車で行くことにする。

朝8時半近く、家を出る。

1時間ほど走ったころ田園都市線宮崎台付近。
暑くなってきた日差しで顔がほてってくる。
帽子を後ろ向きに変えて首筋の日差しをよけていたが、
そうしなかったらもっと辛かったろう。

鶴見川を渡る図師橋から馬馳への長い上りも一気に上るのをやめておいた。
この春、この坂の途中で乗ったまま気を失い転倒したことがあるから。

11時少し前に次女宅へ到着。
孫二人の歓迎を受ける。

程なくして妻たちも次女の迎えの車でやってきた。

3時過ぎ、先に帰宅への道を走る。
もう、日差しは盛りを過ぎているし追い風がペダルを軽くしてくれるので
往路よりは20分ほど短かった。

帰宅してシャワーを浴びる。
心地よい風が肌に吹いてくる。

久しぶりに80キロのサイクリングだった。
[PR]
by kiyohito-o | 2009-07-26 23:26 | 自転車
<< 小笠原 初めての海外予行 >>