自転車に乗って風を追う

<   2004年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

SEだけではないぞ!日本語力の不足は

少し古いが”SEに求められる「人間」と「日本語」の視点”という記事を見つけた。
私も現役時代はSEの端くれだったからこの記事の内容に共感するところがある。
情報システム(またはコンピュータシステム)は所詮人間がやるべきことを全部ないし一部をコンピュータにやらせるのだから、何をどのようにするのかを聞き出し、理解し整理して組み立てなおすには日本語がまともに使えることが前提だ。
しかしながら年々日本語をまともに使える人が少なくなってきたからあちこちでその弊害が出ているのではないだろうか?
極端な例では親子の間でさえそれが存在する。
「風呂、飯、寝る」が妻に対する夫の言葉だと非難されたのは10年近く前に言われたことだが、これと似たり寄ったりの状況が親子間の今ある。
子供に何を話しかけても返ってくるのは「うざい」の一言だけだったりする。
まともな会話ができないのだから口頭で説明もできないし、文章もまともには書けない。これでは社会に出てまともに仕事ができるわけはない。のだが現実にはそれで通ってしまっていることも多い。
芸能界特にお笑いと言われる分野ではまともでないことが売れる要素でもあるからかそれがひどいように思うが、これが一般人にまでも広がっているから始末が悪い。
現代の日本人はこのあたりのけじめがつけられなくなった馬鹿が多くなった。
そういう私も馬鹿の一員かもしれないと思うと自己嫌悪に陥ってしまいそうだ。
[PR]
by kiyohito-o | 2004-09-14 16:22 | 雑感

私の夏休み

あなたの夏休みの思い出は?
パート勤務の仕事が中断して連続休暇にはいったのが8月後半。
まだ猛暑が続き、なかなか遠出をする気がおきなかった。
でも、家にじっとしているのも面白くないし気分も滅入り身体もなまってしまうからと、炎天下もものとせず自転車で多摩川べりを走る、皇居周辺を走り靖国神社の遊就館へ寄ってみる、秋葉原へ出かけ掘り出し物の中古パソコンを買ってくるなどした。
また、昔撮りためた8㍉映画をダビングしたビデオテープを持って勝手の職場の先輩宅を訪ねたりもして久しぶりに回顧談に花を咲かせた。
a0009647_11391077.jpgそして夏休み最後のイベントに3泊4日で天竜川流域を走るツーリングに挑戦もした。
おかげで両腕のひじから先は真っ黒に日焼けし、夏休みの結果を表している。
ちょうどオリンピックと重なっていたから、TV中継もこうした行動への励みになったのかもしれない。

シニア世代のサイクリストはまた秋も楽しみにしている。
[PR]
by kiyohito-o | 2004-09-04 11:37 | 歳時記

数が多いのに邪魔者扱いの自転車

私の旅の主な足は4年前から自転車になった。
マイカーを持っていないというより運転免許証がないので、これまではもっぱら公共交通機関を利用するだけだった。
しかしながら最近は地方のバスや鉄道は本数が少なくなったり、路線が廃止されたりで非常に動きにくくなってきた。歳だからあまり動かない方がいいだろうから丁度いいではないかという御仁もいるかもしれない。しかし、どちらかというと巡る旅をしたいのでどうしても気軽に移動できることが望ましい。
                          (写真:スワコ遊遍館にて)
a0009647_1110213.jpg
そこで、健康維持増進をもかねて自転車を利用することにした。
かといって自宅から遠方まで自転車と言うわけにも行かないから、自転車を携行して鉄道などに乗って目的地まで移動するのだ。これを自転車愛好者の間では「輪行」という。
知らない人は輪姦などの類かと勘違いする者もいるかと思ったが最近は結構通じるようだ。

さて、自転車を利用するとバスや電車を利用するときよりも気軽に移動できるのが嬉しい。
古い町並みの狭い道を行くにも自転車なら交通規制を受けることも殆どないし、適度に多くの荷物を持つこともできる。何よりも燃料だの税金だの駐車料金などといった経費がかからない。さらには排ガスなど無縁だから環境にもやさしい。

しかしながら、自転車の旅を重ねるごとに不満が募るのは自転車を無視したような道路行政の怠慢である。自転車専用道と言うのがあるからいいではないかというが、ここを走っているだけでは旅はできないどころか生活さえできないだろう。その殆どが大きな河川の土手や河川敷にあるのだから。
歩道は本来歩行者のためのものであり、車道は車道で自動車のために作られている。自転車は歩道を行ったり車道をいったりでいずれからも邪魔者扱いだ。
交通法規の上では軽車両扱いだから原則は車道の左端を走るのだがこれがまた非常に危険の多いところなのだ。
道路行政に携わる人たちは一度でもここを自ら走って危険を感じてみて欲しいと願う
[PR]
by kiyohito-o | 2004-09-01 13:07 | 雑感