「ほっ」と。キャンペーン

自転車に乗って風を追う

<   2005年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

一族親睦会

29日から30日にかけて群馬県の四万(しま)温泉に夫婦で行ってきた。
この旅の目的は、私の母方の叔母と従兄弟たちが集まっての親睦会出席だ。
親睦会は6年前から隔年で実施され、初回は東京の浅草観音の近くで行われ総勢40人余りも集まった。その後は栃木県の湯西川温泉、岐阜県の平湯温泉に集まった。
回を重ねてくると、関心も弱くなるのか人数も減り今回も二人の叔母の他は後継ぎの立場にある従兄弟夫婦の総勢17人だ。

一族の間に祝儀、不祝儀があれば顔をあわせるので見慣れた顔ばかりではあるが、親睦会というだけにもっぱら語らい歌うことで楽しい時間が過ぎてゆく。
従兄弟たちは誰も50代後半になってきただけに若い頃には感じなかった親類づきあいの意義を大切にしたいと思うようになっているようだ。

夜は部隊付の広間で宴会を始めるが、それほど酒が飲めないのは一族の血筋か、もっぱらカラオケに夢中になる。
従兄弟の中に宴会の席を盛り上げるに長けた者がいる。
普段はどちらかといえば無口なのだが、酒が回ってくるというと陽気に進行役を勤め、自らもかっぽれを踊ったりして皆を喜ばせる。

そうした中で私はいつしか映像記録係となってビデをカメラとデジタルカメラで皆の姿を撮りまくるのは、一つに芸が無いからだ。
次の時には何か驚かせる芸でも披露してみるかと思いはするのだが、なかなか実践できないでいる。

一夜が明けて外を見ると雪が盛んに降っていた。かなり勢いがいい。
チェックアウトの後、マイカーの連中を送り出したあと私たち夫婦と実姉の三人で日向薬師まで雪の降る中を散策に出た。
久しぶりの雪道を歩くのは気持ちが良い。
登山を趣味にしていた姉がいなければ出かけなかっただろう。

戻り道の半ばで雪はやみ、晴れ間も出てっきた。
昼時の山間でもあり風がさえぎられて割りと暖かい。
が、バスで中之条駅にでると晴れているにもかかわらず風が冷たく寒い。
遠くの赤城山がすっきりと広いすそのの姿を見せていた。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-01-31 23:13 |

自動車との事故

自転車(クロスバイク)で出勤途上に自動車との事故にあってしまった。
大抵は幹線道路を行くのだが、今朝は時間に余裕があったことからのんびり行こうと裏通りを走った。JR東海道線沿いの道を行くと右手に大手の仕出弁当会社がある。会社の近くまでいくと事業所から数台続いて配達車がでてくるから徐行気味に進むと、右折しながら私の前にでてきた配達車は左側に駐車している車を避けるために右に蛇行する。少し先にはもう1台が駐車しているのを私は確認していたので、前を行く配達車がまた右へ曲がったのはそれを避けるためだろうと思いつつやや右寄りにゆっくりと後ろへついて走った。が、配達車は直進せずにどんどん右折して私のほうへ寄ってくるからあわてて私も右へ避けようとしたがいくらもしないうちに自転車の前輪は自動車のタイヤに接触して巻き込まれてしまった。
幸いに私自身は無意識のうちに自転車から飛びのいたので全く打撲も怪我もせず前輪大破の物損だけですんだ。
配達車が右折のウインカーを出していたら私も停止していたのだがそれもなく、なおかつドライバーはバックミラーでの確認もしていなかったと思われる。というのは、接触したときもきづかなかったようで、自転車を踏み潰して気がついたようだ。
双方が低速であったからよかったが、こちらがスピードを出していたら私も打撲や怪我の程度がおおきかったのではと想像する。

じつはこの自転車では1年前にも自動車との事故にあい、前輪を大破し交換させている。
それも裏通りではあるが信号もあるところで横断中に対向からきた右折車が前方未確認のまま一時停止をしないでぶつかったきたのだった。

安物とはいえ、買ってから丸3年。自転車自体の不良からくるトラブルもなく旧中仙道を江戸から京都まで走ったのを始め、あちこちをツーリングしてきたのだから愛着もあるので修理して乗り続けたいと思ってはいるのだがどうだろうか。

しかしそれにしても、幹線道路の車道左側をはしるよりも、裏通りや歩道を走るほうが遥かに危険を感じるようになった。歩道でも裏通りでも特に自転車に一番の危険を感じる。
自転車利用者のマナーが一段と悪くなったように思えるが、過日のニュースでどこかの県警かで調査したところ自転車の事故を起こした人の半数が自動車免許をもっていないことから、自転車に乗るについて必要な交通法規を知らないことが大きな要因でもあると報じていたが多分に肯定できる。

自分では充分に注意しているつもりではあるが相手があっての事故は防ぎようがないのである種の覚悟を持って自転車を利用するしかないといっては大げさだろうか。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-01-18 22:22 | 自転車