「ほっ」と。キャンペーン

自転車に乗って風を追う

<   2005年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

43年ぶりのスキー

a0009647_22444411.jpg
15日から18日まで自転車クラブの仲間3人で八幡平温泉へ行ってきた。
ここは冬場は何も無いところだから温泉に入ってのんびりしているかスキーをするほか無い。
我々は中2日間スキーをすることにした。
私にとってスキーをするのは実に43年ぶりのことというより、この1シーズンに延べ1週間ほどの経験しかないのだ。

初日はファミリーコースの短くゆるい斜面のコースで勘を取り戻すことにした。
実のところ、スキーを履いてリフトに乗り降り出来るのか非常に不安であった。が成り行き任せ出挑戦してみたら、案の定1回目はリフトを降りてまもなくしりもちをついてしまった。
1日目は終日ファミリーコースから抜け出せなかった。
小学生のグループが午後には中級コースへ移ったのをみて少し癪な気はしたが。

2日目の1回目はファミリーコースへでたものの、2回目は思い切って中級コースへ出てみた。
2000mの長いリフトだからかなり高くまで上がるし、コースも長い。
不安が一杯だったが、滑らずには仕方がないから度胸をつけてとにかくも滑り出した。当然に何度も転倒する。
2度、3度と重ねるうちにテクニックの良し悪しは差し置いて何とか転倒回数もすくなり、2300mの長いコースにも挑戦する気になって来たのには内心驚いた。
宿へ戻り、妻にメールで様子を知らせると驚きの返信がきた。「本当に滑れたの?」と。
若いときに経験したものは60を過ぎても忘れないでいるものだということを身をもって知った喜びがあった。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-02-19 13:41 |

多摩湖自転車道を走る

多摩湖自転車道というのがあるのを知ってはいたが行ったことがなかった。
好んで自転車道を選んで走るほうではないから行こうとも思わなかったのだ。
しかし、改めて地図を眺めると多摩湖(村山貯水池)を周回する部分もあるとわかったので行ってみることにした。
西武線に沿った道でもあり、走るのが嫌になたら輪行で戻るのもたやすいと思えたからだ。

a0009647_16465489.jpg自宅から環七を井の頭通りまでゆき、井の頭通りを7号線と交わるところまで行くとその先が多摩湖自転車道の始点となる。
多摩湖までは西武線と平行した殆ど平坦な道だ。
しかし、自転車道というものの「自転車及び歩行者専用道」であるし、付近は一般住宅も多く更には休日ということもあってそぞろ歩きの歩行者が多く突っ走るというわけにはいかない。
そのうえ、この区間にはやたらに車止めの杭がたっている。しかも杭の間隔はようやく自転車が抜けられる程度になっているからどうしても徐行せざるをえない。
a0009647_16431444.jpgここは、ママチャリでのんびりといくのが前提の自転車道と思ったほうが良さそうだ。
途中、小平には市が管理する「ふるさと村」があり古民家が保存されている。暖かい日差しをあびた家の縁側を見ていると子供の頃に両親の田舎で遊んだことを思い出してきた。

a0009647_16445740.jpg多摩湖を周回する部分は、車道の多摩湖側にあり、舗装状態もよいが多摩湖側は高い網フェンスになっているのでただひたすらに走るしかない。眺めが良さそうだからとどこででも多摩湖畔に寄る事ができないのが残念だ。
a0009647_1644126.jpg西武球場がこの直ぐ脇にあるが、改めて思う。こんなところまで野球を見に来るのはよほどのフアンだなと。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-02-11 23:18 | タルタルーガ

三浦半島を走る

自転車クラブの走りオフだった。
JR横須賀駅前のヴェルーニ公園に集合。総勢16名。
ロードバイク、マウンテンバイク、小径フォルディング、そして私のタルタルーガ。

a0009647_171143.jpgまずは、すぐそばの海上自衛隊基地に寄ってまじかに戦艦を見学。

さて、ここから海岸沿いに三崎へ向かう。
快晴とはいえないが陽もさして海が明るい。三笠公園、観音崎、久里浜と立ち寄りながら津久井浜へ。しばらく平坦な海岸沿いを走った後に剣崎灯台への坂道をあえぎつつ登る。a0009647_1775764.jpg


昼食予定の三崎までもうすぐという急坂の上りでメンバーの1台がパンクトラブル。これを待つ間いた高台の公園は冷たい風が吹いて少し寒かった。a0009647_17231326.jpg
無事パンク修理に手間取りそうだということで他のメンバーは先行して三崎のマグロ料理を出す食堂へと急ぐ。
店内は満席。並んで順番を待つ間に遅れたメンバーはやってきた。
さしみ、てんぷら、かぶと煮などおもいおもいの料理を注文。

昼食を終え、京急三崎口への上り坂をゆく。今日最後の大きな坂だ。ようやく上りきるとすぐにくだりに入り程なく駅に到着。ここで約半数が輪行で帰途に着く。
私は、残りのメンバーと鎌倉駅まで走ることにした。
先導役が「巡航速度24キロでいいですか?」と尋ねてくる。「ちょっときついかもしれないけど、ついていけなかたっら先にいってください。道はわかるから」と答え後をついて走る。
思いのほか脱落せずに快調に走れた。
途中、葉山のあたりで夕日がきれいだった。

走行距離73キロ、最高速度40キロ、走行時間4時間20分。
十分に走ったという感じだ。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-02-05 23:30 | タルタルーガ