自転車に乗って風を追う

<   2005年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

都内散策(佃島、若洲、葛西臨海公園)

ぶらっとポタリングに出た。
あても無く出たのだったが築地を経て佃大橋を渡っていた。
歩行者用のスロープを降りてゆくと昔の趣を残す家並が見られる。大橋ができるまでは対岸の明石町との間を結ぶ渡し舟の乗り場もあったところだ。
この渡し舟にいつかは乗って見たいと思っているうちに無くなってしまったのが残念だ。
タルタルーガでゆっくりと路地を行く。道行く地元の人と目が合ったので「こんにちわ!」と声を掛けると胡散臭そうな顔もせず笑顔で「こんにちわ」と返事が返ってきた。
休日ともなると結構訪れる人も多いようで数軒ある昔からの佃煮屋も賑わうらしいが、平日は静かだ。
a0009647_18452579.jpgその静かな古い家並の北側には大川端リバーシティの高層ビルが建っている。
中央大橋の袂に近い花壇には紫蘭(しらん)が一面に広がって咲いていた。我が家にもあるがこれだけ多いところを見たことが無い。

門前仲町から永代通りを東に進み荒川にかかる清砂大橋を渡って荒川左岸のサイクリングロードへ降り、河口へ向かって行けば葛西臨海公園のほぼ中央に出る。
平日ではありながら結構人も出ている。幼稚園の遠足らしい姿もある。葛西なぎさ橋を徒歩で渡ってなぎさに出て久しぶりに砂浜の上を歩いてみた。波が寄せて水を含んだ砂の上に足跡をつけてみるがすぐに波に消されてしまった。
JR駅の高架下の食堂で昼食を摂って一休みの後再び清砂大橋を渡って夢の島へと向かった。夢の島から南に若洲海浜公園を目指した。木材や建材を扱う業者が集まっている新木場を抜けて若洲橋を渡れば若洲だが若洲海浜公園は未だ少し先。
ここの緑の広場にも幼稚園の遠足らしい幼児達が発電機の風車の下で飛び回っていた。
園内に設けられたサイクリング道路を反時計回りにたどる。
a0009647_1912019.jpg先端に近い部分には海釣り施設もあり、平日にもかかわらず結構釣り人がいた。
サイクリング道路は海辺よりも幾分高いゴルフ場の縁を巡るように伸びている。草地には人手によって撒かれたと思える草花が風に揺れていた。

a0009647_19205377.jpg先端からやや北に向かったあたりは羽田空港へ着陸する飛行機が着陸態勢に入って間もないところのようだ。また、海の先には午前中に行った葛西臨海公園が望める。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-05-17 20:18 | タルタルーガ

北海道パックツアーに参加

ゴールデンウイーク中の5日から8日まで夫婦で北海道のパックツアーに参加してきた。
安いツアーを次々に企画する某旅行会社のパックツアーで、3泊4日で往復飛行機の航空券混みで一人あたり3万3千円だから内容に十分満足いくものでないことは承知のうえだ。
二人で何日も旅行に行ける日がなかなか無かったのだが、6日に休暇をとるだけでよかったのが幸いだった。

5日に羽田から札幌へと向かう時点で既に搭乗予定の出発時間が2時間も遅延していたから
到着時刻に出発することになり、1泊目の阿寒湖温泉へは午後8時になっていた。それでも札幌から阿寒湖まで長いバスでの移動も北海道の広さを感じさせてくれる車窓に、いつもはすぐ寝てしまう妻も見入って楽しんでいた。

6日は摩周湖、知床五湖、知床遊覧船などを経て温根湯(おんねゆ)温泉の宿泊であったが、摩周湖の西側を巡る道路は吹雪のため通行止めということでもと来た道へ戻るということがあったり、波が高いために知床遊覧船による観光も中止となった。
思わぬ大雪に出会い、地元出身のバスガイドさんも驚く季節外れの寒波到到来で北海道の冬を体験できたようでもあった。
温根湯温泉のホテルは設備もいいし、客扱いも料理も満足できるもので、料金が見合うのかと心配するほどだった。

7日は北きつね村、層雲峡、美瑛を巡って定山渓温泉での宿泊となる。
層雲峡への道は石北峠を越すがここも雪景色の中で層雲峡で銀河・流星の滝を見学時は底冷えがすごく誰もが早々にバスの中へ戻ってしまうほどであった。
美瑛の丘は最近至極人気のあるところだが、なるほどと納得するほどに広くゆったりと広がる丘の景色は冬枯れの中でも魅力を感じる。花の咲く時期はさぞ見事だろうと思う。

8日は2時過ぎまで小樽観光組と札幌市内自由散策組に別れ、私達は市内自由散策とし更に妻は札幌在住の友人と落ち合い、私はレンタサイクルでぶらぶらすることにした。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-05-09 18:47 |