自転車に乗って風を追う

<   2005年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

暑い中、渡良瀬川サイクリングロードをはしる

前夜の野宿地大間々の高津戸峡は下から上る渓流の音の他に何も邪魔するものもなくゆっくりとできた。
起床すると、水辺まで遊歩道の階段を下りて顔を洗う。滔々と流れる水流は水際に立った足元へ繰り返し波を寄せてきた。
テントを撤収してから簡単に朝食を済ませ、自転車に荷物を載せる。それほど散らかしたわけでもないが備え付けの箒で東屋の中を掃除してから出発。
左岸を行くことにした。地図を見たときその方が静かな道のように思えたからだ。
道は舗装され、自動車も十分に通れる幅があったが曲がり角が多いのは地形に倣っているからだ。民家の立ち並ぶ前を行くから生活の匂いが感じられるのがいい。
程なく小さな社がありその先に「旧高津戸の渡し跡」の説明板があった。当時はさぞかし川を渡っても両側は高い崖なので上り下りが大変だったろうと想像する。
道はおおきく左側へ回り込み川から離れてゆくが路面も良いくだりだからたちまちのうちに桐生の市街地に入る。
土曜日の早朝の市街は人気も殆ど無く、時折学生の姿を見かけるだけだった。
渡良瀬川にかかる錦桜橋というあでやかな感じの名の橋へ出る。橋の中ほどに出て川上と川下の様子を眺めてみる。朝曇の天気の下でやや冴えない景色だ。
ここから左岸の土手の上は快適なサイクリングロードで早朝だけに両脇の草地の緑もすがすがしい。しかし、それもつかの間グリーンカップゴルフクラブのあたりから幾分ん快適さが薄らいできた。
足利工大の先にある鹿島橋を渡って一旦太田市に入り母方の実家の菩提寺へ寄り、ここでも形だけながらも墓参する。母方の実家へもと思ったが従兄弟が早朝勤務を終えて寝に入るところだろうかかと気がつき遠慮することにし、再び鹿島橋を渡って足利市へ戻る。
ここで携帯の電話帳を確かめるとこの近くに住まうはずの従兄弟宅の番号が登録してあったので電話をしてみると、在宅しており寄っていくようにとのことだった。その言葉に甘えて教えてもらった道筋をたどるとホントに目の前のような近さだった。
1時間半ほどお宅に上がりこんで談笑する。突然の訪問客で迷惑かと思ったが老夫婦だけの毎日の中でいい刺激になったと言ってくれたのが救いだ。
従兄弟宅を辞し、再び渡良瀬川沿いの道をを行く。雲っていた空も陽射しが強くなってきたが強くない向かい風が熱く、風を切っても涼しさが感じられなくなってきた。

足利の市街で一旦両毛線を超えて目抜き通りへでてみた。早めの昼食をと思ったのだが入りたい店が目に付かず結局福寿大橋まで行って右岸に移った。工業団地の中の味気ない道を行くと手打ちラーメン店の手書き看板に目を留めそれをたどっていくと土手下にある店に出た。
未だ12時前だからか先客は一人だったがすぐに出て行った。暑い中を走っていたので熱いラーメンは食べる気にならず冷やし中華と餃子を注文。そして未だ注文したものが出てこない間に続々と客が入りだしたちまち満席になった。ここでも私の「招き猫」ジンクスがと内心苦笑する。
食べている間にも入り口に客が並び始めたので食べ終わるやいなや追い出されるように店を出て、さてとペダルを踏み込もうとしたとき店にグローブを忘れてきたことに気がつくと同時に店の人が「これお客さんのですよね?追い出すようになってすいませんでした」と詫びをも加えて届けてくれた。

午後の暑い陽射しが右側から照り付けてくる。土手を走っているのに風に涼しさがまったくない。川は広いが水面は草に隠れて見えない。川筋は大きく蛇行しているので道もゆるく左右にカーブを描くから単調にならなくていい。
サイクリングロードが切れたので橋を渡り左岸に移る。どこか一休みできるところはないだろうかとあたりをみながら進むと寺が見えた。土手から降りる道が少し先にあるのを見つけ近づいてみると降り口には公害運動の原点と言われる足尾鉱毒事件で天皇陛下に直訴まで企てた田中正造の墓と当時の集会所跡だという雲龍寺であるとの案内だった。
足尾鉱毒事件については母からも生前に田んぼが鉱毒で一面青くなって米のとれないこともあったと聞かされたが田中正造については比較的最近になるまで深く知ることはなかったので境内にある説明板をじっくりと読んでみた。
墓所に手を合わせ、本堂脇の水道で頭から水を浴び、山門の日陰で一息入れた。

雲龍寺のすぐ先で再び左岸に移りペダルを踏むがどうにもこうにも暑い。熱中症になってはまずいとまた休むことにした。しかし、まったく日陰がないのでバッグからシートを出し、テント用の紐とペグを使って自転車から斜めに張りその下へ寝そべり、30分ほど休憩をとる。
休んでいる間に雲が広がり陽射しが弱くなったこともあり再び走り出した。
東武日光線の鉄橋をくぐるとまもなく渡良瀬遊水地に出た。

藤岡大橋のたもとから河川敷の中の道を進む。しばらく砂利道が続いたがそれもほどなく舗装路になった。両脇は背の高い草に挟まれまっすぐに伸びる道の行く手しか見えない。
こういうところだとある程度の認識があったし、真夏の日中ということもあるからまったく怖さを感じることはないが、夏以外の季節の夕方に近いじかんであったら怖さを感じるかもしれない。
ジグザグの道を登って土手畝の道にでると広大な遊水地の真っ只中にいるこtが判った。
とおく前方にはパラグライダーが空を舞っているが広い遊水地のほんの一部しか占有できていなように見えた。
遊水地の手前の方にグライダーが3,4機駐留されていたがあのグライダーも遊水地の上を周回するのだろうか。

遊水地の南端に近づいたころ再び陽がさしてきたが3時半に近くなってきたので幾分暑さも和らいだようだがそれでも暑い。
栗橋までの予定だったが日光線の新古河駅が近いのでここで終わりにしても良いかと駅前に行ってみた。雑貨屋風の店がありここで自販機の飲料を買っていると店の叔母さんがうちわを使いながら出てきて「冷たい水があるよ」とまた中に戻って手にボトルとマグカップを持って出てきた。ありがたく冷水を頂戴する。旨い!なによりのもてなしだ。
「どこからきたの?」
「今朝は大間々からきました」
「それはえらいね、この暑い中を」と半分あきれていたようにも見えた。
宅配を扱う店はないかと問うとここにはないというのであきらめて栗橋まで行くことにし、冷水のお礼を言って別れた。

再び渡良瀬川の土手を走って栗橋へ向かった。やがて行く手は右からの利根川に合流したが利根川を渡る橋がない。渡良瀬川の左岸に渡る橋はもうずっと手前になってしまったが、そこまで戻るか、利根川の左岸をさかのぼって橋を渡るか迷う。地図帳を開き、約10キロ上にある埼玉大橋を渡ることにした。
この橋はなぜか川の水面からかなり高く、川のかなり手前からアプローチが始まっているだけでなく、歩道も狭いから車道も通行量が多く気が抜けない。

橋を渡ったところで道の駅「童謡のふる里おおとね」があったので最後の休憩をとる。
雲行きが怪しくなってきたので出かけようとするところで雨が落ちだした。
どうせ汗をかいて濡れるのだからとそのまま駅に向かって走り出す。
栗橋駅までは平坦ではあるが、路面はよくない処も多い。

ようやく栗橋駅に到着。荷物を宅配で送ろうと宅配を扱う店を探すが駅前には見当たらない。
やっとコンビニを見つけて宅配を依頼し、駅に戻って輪行の準備を始めた。
ここは宇都宮線だから自宅近くの駅まで乗り換えなしの電車にのり今回のツーリングを終えた。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-07-30 23:10 | 自転車

暑い中、関東平野を北上

朝5時30分、曇り空ではあるが蒸し暑くなりそうな予感を抱きながら家を出る。
クロスバイクにフロントバッグとサイドバッグを付け、キャリアにはテントを積んだ。今年初めてのキャンプツーリングだ。
行き先は渡良瀬川の上流部が終わりになるあたりの大間々だ。
3年前の秋に渡良瀬渓谷鉄道の終着駅「間藤(まとう)」から川に沿った道を下ったが、大間々からは川をはずれて伊勢崎、本庄へと南下したので、今回は改めて大間々から渡良瀬川沿いを走ってみようと思った。
電車で大間々まで輪行することを考えていたが、キャンプツーリングをしたかったので荷物が多くなり輪行が不可能にちかかったからやむを得ずの自走となったというわけだ。

17号線と旧中山道を使って熊谷までは何度か経験もあるから特別な思いも殆どない。
11時、開店時間を待つようにして熊谷のファミレスで早めの昼食をする。浦和を過ぎたあたりから陽が照りつけ始め暑さが辛くなってきたから冷房のきいた店内は極楽だ。

いよいよ陽射しは更に強くなるなか妻沼(めぬま)の市街地へ向かう道をたどる。車道の端はアスファルトが凸凹になっていて走りづらいから中よりに出てしまったら路線バスがクラクションを鳴らしてきたので慌てて左にハンドルをきったらバランスを崩し傍らの塀に当たって左薬指を切り血が流れ落ちてきた。救急バッグからガーゼとテープを取り出して切り口を閉じるようにしながら撒きつける。

妻沼の市街中心部にくると左手に日本三大聖天の一つとして知られる妻沼聖天山(めぬましょうでんざん)が見えたので暑さしのぎをかねて立ち寄る。この道は父が太田の病院に入院している頃バスで何度か通過したことはあるのだがこの聖天山は初めてだ。
生憎と本堂は解体修理中で見ることができなかったが如何にも時代を感じさせる山門は夏の日差しの中で悠然としていた。山門の日陰は風が通り抜けすっと汗が引く。

利根川に出て刀水(とうすい)橋を渡ると群馬県太田市に入る。ここから一気に薮塚や桐生方面へ直進してもいいのだが細谷方面へ道をたどる。江戸時代中期の思想家で明治維新の先駆者とされる人物の高山彦九郎記念館へ寄ってみたっかたのだ。
すぐ近くに従兄弟もいて時々行くこともあるのだがついぞこの記念館に行く機会が無かった。
この人物の存在を知ったのは比較的最近のことであるが、昨年に久留米でこの人の墓所がある遍照院を訪れたこともありなおさらの思いがあった。
地味な存在ではあるが、全国を行脚し幕末の混乱期に思想家のネットワークを作り上げた功績がたたえられていることに納得をする。

未だ陽は高く暑さも一段と強くなってきた道を走る。
風は送り風だし、道も平坦なので思いのほか距離が稼げるが暑い。裏手に涼しそうな木立のある神社を見つけ木立の中で休むことにする。すぐそばの児童公園の水道の蛇口をひねると冷たい水がほとばしってきた。それを頭からかぶってほてりを和らげると実に気持ちいい。
冷たい水のありがたさをしみじみと思う。
ベンチの上で寝転がりしばらくまどろんでから再び走り出そうとすると、少し前に駐車したらしいパトカーの警官が「この暑いなかを自転車でよく走るね。気をつけてくださいね!」と声を掛けてくれた。白髪頭の爺風情が自転車ツーリングなんてあきれていたのかも知れないが。
そういえば、高山彦九郎記念館の職員も東京から大間々まで行くつもりだと聞いて半分あきれていたようだった。

薮塚温泉への道を右にみて桐生方面へ進むと少しずつ勾配を感じるようになってきた。
温泉宿に泊まって一風呂浴びたらどんなにか気持ちいいだろうなと思いながらも、今宵は絶対に野宿なのだと言い聞かせる。ここで誘惑に負けたくはなかった。
もう少しで利根川に出るというあたりでコンビニに立ち寄り、どこでこの走りをやめてテントを張ってもいいように水と若干の食料を購入する。
地図を開くことも無く大間々駅方向を示すGPSの矢印と道路標識だけで走り続ける。
もうかなり走っているようなのにそれほどの疲れは感じていなかった。
大間々の市街地に入りなおも北上すると高津戸峡・撥滝橋への案内を見つけ、渡良瀬渓谷鉄道の踏切を超え川に向かうとすぐに歩行者専用の撥滝橋はあった。
橋をわたった袂から階段状の遊歩道を少し下ったところに東屋風の休憩施設があるのでここを今夜の寝所と決める。
時間は17時少し前。家を出てから12時間弱。走行距離133キロ。これは自己最高の一日の走行距離だった。

しかし、ついてみるとさすがに疲れがでてきた。とりあえず蚊取り線香だけを炊いてベンチの上で横になるといつしか寝込んでいて目が覚めたときは18時半に近かった。
もう殆ど人も通らず、渓流の流れの音だけが私の全身を包んでいる。
水分を取りすぎたためか疲れのせいか食欲も無かったので無調理で簡単に食事を済ますと蚊帳代わりにインナーテントだけを張って思い切り体を横たえることにした。
[PR]
by kiyohito-o | 2005-07-29 22:30 | 自転車