「ほっ」と。キャンペーン

自転車に乗って風を追う

便りなきは無事な報せ

a0009647_9123062.jpg末娘がカナダのトロントへワーキングホリデーを利用して日本を離れてから1ヶ月半を過ぎた。1年間も海外へ出かける家族は私も含めて我が家にとっては初めての経験だ。
次女が中学生のときに区教育委員会による海外派遣で2週間ばかりアメリカ西部へ行って以来のことでもある。
今年初め、末娘は突然にカナダへ行ってくるからと言い出して我々夫婦を驚かせた。
この娘は幼稚園に入るまでは外へ出ると親の手を握り締めて絶対離そうとしないほどに臆病だった。それが小学生3年生の夏だったかクラスメートと二人で私鉄のスタンプラリーに出かけてから急に一人で出かけるような活発さを見せるようになった。
みるみる間に親離れしていった。
高校も自分で新設の単位制高校を選び、高校を出ると演劇学校へ通う。それからも英語の勉強だ、声楽のレッスンだ、ダンスのレッスンだ、ホームヘルパーの資格をとるのだと積極果敢に取り組んでいく。その先にあったのがカナダ行きだった。

カナダへ行って1ヶ月の間は当地の語学学校へ通っていたこともあり、学校のパソコンを使ってしげくメールを送ってきたが、通学も終わりホームステイ先を退いて友人と部屋を借りて生活をするようになってから便りは少なくなった。
仕事は見つかったのだろうか、部屋のオーナーはどんな人なのか、町の治安はどうなのかと親にすればたくさんの心配があるが、当人は至極楽しく楽しんでいるようである。

ふと、思う。
いきなりこちらから訪ねていって驚かせたいと。
しかし、それもままならないから「便りなきは無事な報せと」思うことにしよう。
[PR]
# by kiyohito-o | 2004-08-11 09:15 | 雑感

庭の日陰で寝そべっていた愛犬「チャコ」がa0009647_92223.jpgやにわに起きだして南天の根元にダッシュした。
何を見つけたのかと眺めていると穴から這い出して脱皮のために南天の細い幹に取り付いているの幼虫をみつけたのだった。幼虫の背中が割れて既に殻から出ようとしているところだったので、その音を「チャコ」が聞きつけたものらしい。
南天のそばには幹の太さが20センチばかりになった木蓮の木があり、その根方の地面には1センチほどの穴がいくつもある。これはどれも蝉の幼虫が出てきたところのようfだ。
気がつけば木の幹だけでなく家の壁にも、しばらく出しっぱなしにしてあったブルーシートにまでも抜け殻を見つけることができた。
生憎と私は軽度の聴力障害が出ているので蝉の鳴き声も聞こえなくなってしまったが、この夏もかなり騒がしくアブラゼミが鳴いているらしいが、そのうちの何分のいくつかは我が家の庭から巣立っていったのだろう。
蝉は成虫になってわずか1週間から2週間という。地面の中で過ごす幼虫の期間は実に7年と聞く。だからよく蝉の一生を人間のそれに例えられることも多い。

「チャコ」は夕方の散歩途中で、植え込みの近くを嗅ぎまわっていて突然目を凝らし始めた。と思うまもなく何かが飛び立っていった。私も目でそれを追いかけてみると蝉だった。「チャコ」も顔を空に向けて蝉の行方を追っていた。
どうやら「チャコ」は蝉を格好の遊び相手としたようだ。
[PR]
# by kiyohito-o | 2004-08-10 10:08 | 歳時記

猛暑にみる涸れた人心

この夏は東京の場合で連続30数日も真夏日となっている。
このところ朝夕は多少気温が低くなったようにも感じるが日中は30度を越えるようになり、狭い我が家の庭の木々や草花はぐったりとしている。そこで、夕方だけでもとホースで水を撒いてやるので枯れずにいる。
しかし、外へ出てみると道路脇の植え込みはかなり枯れて赤茶けてしまっているところもある。道路管理者の役所でも散水の手立てはしていないようだし、付近にある人家から誰も水をやりにくることもなったのだろう。
いや気をつけてみると道路の植え込みどころか、マンションの敷地内にある植え込みすらも枯れているところが目に付く。立派なマンションの出入り口であるのに誰一人も気にかける住人はいないようだ。管理人がいるだろうにと思ったのだが今は住み込みの管理人はすくなく、管理会社から昼間だけ派遣された人がいるだけとかで、彼らも手がいっぱいなのか指示された範囲の作業で無いからなのか一杯の水やりもしないのだろう。
手を尽くして駄目ならやむを得ないが何もせずに枯らしてしまうとういうこの有様は現代の人心を表している。環境破壊から自然を守ろうと声がかかる割には身近なところで何もしないというちぐはぐさ。
誰かがやるだろう、何処かの仕事だろうと我関せずの風潮が緑を枯らせているとみる。
人心の潤いが涸れて、緑も枯れているのだ。a0009647_21462055.jpg
[PR]
# by kiyohito-o | 2004-08-09 21:33 | 雑感

我が家のペットの犬種は?

a0009647_22113937.jpg先日ペット犬「チャコ」の散歩に出たとき、奥様風の上品な中年婦人に出くわした。
彼女も小型犬(犬種は思い出せない)をつれての散歩途中だ。お互いの犬同志は気が合ったようで尾を振りながら鼻を突き合わせている。
と、彼女はちょっと小首をかしげるような感じで「なんと言う種類ですか?」と尋ねてくる。
「ああ、またこの質問か」と内心いやになった。
これまでも幾度と無く尋ねられたことがあるのだ。
なぜか「チャコ」はそれほどに気になる存在なのだろうか?
あるいは自分の犬は見るからに判断がつく犬種であるが、「雑種」ですか?」と聞けないものだからそう尋ねるのであろうか?などと感じるのはこちらの僻みだろうか?

その「チャコ」であるが、おととしの春彼岸に千葉の柏に在住の未知の人から譲ってもらったものだ。2月1日生まれだというから2ヶ月弱のうちに我が家へ引き取られたきたのだ。
親もMixでそれ以前も定かでないとのことだが、我が家へ来た当初は両の手のひらが余るほどに小さく、身体も細く、毛色は紫がかった茶色で鼻の頭が白く、しかもネズミのような尾をして貧相に見えた。
しかし、未だ寒い季節でもありしばらくは部屋の中で飼うことにした。食事時には足をテーブルにかけないようにしつけたら幾日もせずすぐに覚えてくれたから食事時は胡坐をかいた私の脚の間にうずくまりじっと待っている。そして食事が終えて食器を片付け始めると脚の上から飛び降りじゃれ始めるのだ。
1年もすると身体も大きくなって両前足を交差させる貴婦人ポーズをとるようになって「ただのMix」らしからぬ容姿になったと見えるのは親馬鹿の類だろうか。

そして妻との雑談の中でこれからは犬種を問われたら「スーパーMix」と答えようかなどと冗談話をした。
柴犬のような身体の毛色、シェパードのような黒色の混じった尾、コーギーのような顔と耳、○○のようなしなやかな身体などいろいろに見える犬だから。
[PR]
# by kiyohito-o | 2004-08-05 10:10 | ペット

暑い夏が更にうっとうしく

今年の夏は暑い、10年周期に訪れた異常気候だという。
こう暑さが続いては涼しくなる秋口に一気に夏ばてしないかと心配になる。
ただでさえこの暑さにいささか辟易しているのに我が家は更にうっとうしさが加わった。
というのは、数十年住まっていた隣家の主が亡くなって宅地が売却され2棟の分譲住宅が建ち始めたからだ。
以前は朝日が入る方角は平屋だったし、二階だったところも境界から1mちょっとも離れていたからそれほど圧迫感は無かったのだ、しかし今建築中の家は総二階でしかも境界から40センチしか離れていないから目の前に壁が立ちはだかったようになってしまった。
都内で地価が高いから目一杯に土地を使うことはやむを得ないが、面白くないのは建築主や工事責任者の対応なのだ。
個人で建築しようとすれば事前に近隣への挨拶をするのは当然のことと思うし、リフォーム業者は影響の少ないと思われる家まで挨拶に訪れることからして、隣家の工事もそうした挨拶があると思っていたのだが境界部分のブロック塀を作り変える必要がでてきて初めて顔を見せたものの、それも庭先の立ち話で具体的な仕様も示さずに決めようとしたから待ったをかけた。
いわゆる建売業者とはそういうものなのであろうか?
近隣にどのような家を建てるとか、いつから工事を始めるとか、どのような迷惑が及ぶかなどの説明や了解を得ることなどしないのが当然なのであろうか?
これでは工事を実施する作業者が気の毒である。彼らは指示されたようにやっているのに周囲から疎まれてしまう。
また、そうして完成した家の住人となる人たちも最近は挨拶に訪れることが少ないという話も聞く。
親の代から住み続けたこの地域もあちこちで代が変わり売却されて細切れになり、住環境は変わってきた。
古くからいる人間は押し出されそうである。
[PR]
# by kiyohito-o | 2004-08-04 11:34 | 雑感