「ほっ」と。キャンペーン

自転車に乗って風を追う

秩父でのクラス会に

秩父で高校のクラス会。

午後の就業を休ませてもらい、西武秩父駅まで輪行。

30分ほど走って宿に到着。
懐かしい顔が待っていた。

広い敷地内にある宿舎だから、宴会席も遅くまで自由に使わせてくれた。
この宿は2度目の利用だ。

翌朝、朝食を終えたあと皆より一足先に出立。
およそ荒川沿いに東京へ戻ろうとのつもり。

しかし、昨夜の睡眠不足がたたったのか、30分ほど行ったところで
上りになりもうすぐ登り切ると思った瞬間に気が遠くなった。
気がつくと横倒しになった私を上から覗き込み「大丈夫ですか?」と
覗き込む顔が二つあった。
幸いにして、倒れた時には直後に自動車は来なかったらしい。
すんでのところで大事ならずに済んだ。

若い奥さまが携帯で消防へ連絡を取ってくれていた。
私も頭を打っている様子がなかったので救急は必要のないことを
消防に直接伝えた。
親切な人たちに助けられた。
これからは無理は自重しなければいけないかと、その時は思うのだった。

寄居で昼食をとる。
今日はとても東京までは走れそうにない。
できるだけ鉄道から離れまいと思いつつも荒川のSRを走っていた。
5月に走った上尾まではと。

結局時間的にも、体力的にも上尾駅から輪行することになった。
[PR]
# by kiyohito-o | 2009-06-14 00:03 | 自転車

荒川を上流へ

旧職場の同僚と荒川を上流へ。

池袋陸橋で待ち合わせ。

戸田橋へ出て右岸を熊谷方面に向けて走る。

上尾の丸山公園近くの食堂で昼食。

松山公園により榎本牧場へと向かう。
が途中で雨が激しくなり、民家の敷地内にあった
屋根の破れたガレージで雨宿り。

小一時間ののち榎本牧場に到達。
早速ジェラードアイスクリームを食べてみる。
冷たくてミルキーの強いのが旨い。

この牧場で変わったものをみた。
ここは数十頭の乳牛を飼っているが、なんと全自動だった。
給餌ロボットカーは、一定時間ごとに餌を配り、
の糞も、ベルトコンベア様の装置が長い厩舎の一端へかき集め、
そして搾乳も、餌場にきた牛をそれとなく装置が追いたてて
搾乳場所へ誘導する。
ここにきた牛は、つけられているタグで前回の搾乳時間をチェックされ
時間が経過している牛だけを搾乳機の方へと追い立てるようにゲートが
移動する。
搾乳機のあるところに来ると、センサーが乳房の位置を確認して
搾乳装置を取り付ける。
という具合にである。

面白かったが、何か牛が気の毒に思えてきた。

時間もせまってきたのでJR上尾駅にでて輪行で変えることにする。
牧場から遠くないところで元同僚とも上司だった人のお宅があるので
挨拶だけでもと寄ってみたがあいにくと不在だった。

上尾駅で元同僚にとって初めての輪行準備が始まる。
24インチではあるが折りたたみなので収納は割りあいに簡単。
巾着袋様の輪行袋でさらに楽だ。

ただ、初めて袋に入れたものを運ぶのがやはり戸惑いがあるようだったが
これでこれからはどこにも行けそうだと嬉しそうだった。
[PR]
# by kiyohito-o | 2009-05-31 23:57 | 自転車

孫の顔を見に相模原

これまた久ぶりに相模原の次女宅へ。

家を新築し引っ越しの終わった直後に行ったか10か月くらいたつだろうか。
家を出る時間も早かったから直行せずに246を市ヶ尾で別れ鶴見川沿いに
寺家ふるさと村へ。
田圃はまだ水もはってなく緑の少ないのがさびしい。
やはり稲の並んだ田んぼが一番好きだ。

さらに鶴見川を上流へ向かう。
図師橋で馬馳への坂を上るかと行きかけたが気を変えて
町田の尾根道に出てみることにした。
地図は持っていたがいい加減な見当をつけて道をたどる。
話には聞いていた尾根道の桜並木は見事だ。
シーズンには見ごたえありそうだが人も多くて走るのが大変ではないだろうか。

娘の家では休日だから孫も二人が家にいた。
突然の訪問で驚いたようだがいい遊び相手ができたと喜んでいる。
ひとしきり孫とたわむれてから再びペダルを踏む。

淵野辺の先で境川にでるとSRを町田駅の方へ左岸を走る。
道は細く、おもいきり走れるSRではないがポタリングにいい。
246がまたぐ地点でSrを離れ246に入り馬絹まで。
馬絹からは黒川尻手道路を野川へ、そして中原街道で丸子へと
いつもの道を使って帰宅する。

しばらくぶりに100キロを超えていた。
[PR]
# by kiyohito-o | 2009-04-29 23:51 | 自転車

荒川SRポタリングーその2

2月のポタリングの続きをと、四ツ木橋で待ち合わせ。

今回も自宅から自走。
今日は右岸のSRをゆくことにした。
このほうが路面がよさそうに思えたから。

風も弱く、曇りではあるが明るい。
快調に走る。
といってもベテランからみればよちよち走りだろうが。
焦ることはない、体力に合わせて自転車が楽しめればいいのだから。

清砂橋で左岸に移り、葛西臨海公園に入る。
彼の念願だった。
私もそうだったが、これまで列車や自動車の窓から見るところを
自転車で走ってみたらどうなのだろうかという興味があるのだろう。

葛西臨海公園駅で昼食。
園内をぶらっと流しながらほぼ一周したのち
待ち合わせ場所だった四ツ木橋までゆっくりと
そしてまた休憩をとりながら戻った。

大した日差しでもなかったのに帰宅してみると
半袖のだった腕はすっかり日焼けしていた。
[PR]
# by kiyohito-o | 2009-04-11 23:12 | 自転車

調布方面ポタリング

今年にはいってからまだツーリングをしていない。

なかなか時間が取れなくなっている。
そこでもやもやが募る。

今日は久しぶりに多摩川上流へと出かけてみる。
和泉多摩川から調布へとでたところでそのまま
上へ行くことに嫌気がさし、調布あたりを適当に
巡ってみた。

大きな通りの両側はどこでも同じようなだが
脇道に入ると古い民家もあり、畑や木立ちもあって
武蔵野の面影を見せてくれた。
[PR]
# by kiyohito-o | 2009-04-04 21:06 | 自転車

荒川SRポタリング

かっての職場の同僚を誘って荒川をポタリング。

といっても彼は初めてに等しいほどの自転車歴。
戸田ボート場の駐車場で待ち合わせ。
彼はマイカーに自転車を積んできたが、
私は大田区から自走。

川下からの風が強い。
今日の予定はいけるところまで河口を目指そうということだから
ちょっと困難さを感じる。

結局四ツ木橋近くで昼飯をくい、そこから戸田橋までUターン。

でも彼は喜んでくれたようだ。
またいつか続きをやろうというから。
[PR]
# by kiyohito-o | 2009-02-27 22:59 | 自転車

磐梯熱海温泉日帰り旅行

自転車仲間と自転車抜きで福島の磐梯熱海温泉へ日帰り旅行。

旅行たって、磐梯熱海温泉駅まで電車で往復し、温泉ホテルで
湯に入り、昼食を摂るだけのことではあるがその間の時間が
この仲間にとっては意義あることなのだ。

これまで列車で通り過ぎるだけのところだったが
意外に気持ちの良いところだということを知った。

従業員の態度も厭味がなく親しく対応してくれる。
特に部屋付きになった彼女は印象に残る。
それは若いというだけでなくだ。
[PR]
# by kiyohito-o | 2009-02-03 23:52 |

夫婦で北陸旅行

12/16から今日まで、夫婦で北陸へ行ってきた。

越後湯沢を経由し、加賀温泉郷の山代温泉にまずは宿泊。
「吉田屋山王閣」という老舗旅館であったが時代に遅れたようだ。
団体旅行で一時期はにぎわったのであろうが大きな建物だけに
手入れの行き届かなさが目立つ。
町を散歩してみるとそれはなお明らかだ。

翌日は福井駅に出てバスで永平寺へ向かう。
我が家の菩提寺の総本山に当たるが初めての参詣だ。
思ったほどには幽玄さを感じられずちょっと拍子抜け。
しかし、寺内を見学して回ると修行の厳しさが容易に想像できる。

バスで「越前竹人形の里」へ行く。
水上勉の「越前竹人形」の映画ロケにも使われた民間施設。
竹人形自体はさほど歴史のあるものではないようだが
それはそれなりに竹の持つ良さを生かした作品として驚嘆するところもある。

再びバスに乗りあわら温泉へ。
ここでは「まつや千々」という新しく大きい宿に泊まる。
女性客を念頭においたサービス態勢がそここに見える。
まあ、宿泊料も安くはないから当然といえば当然。

翌日(今日)は雨が降っている。
東尋坊へいく予定だがあまり雨が激しければ中止にしようかとも考えた。
しかし、雨も大したことはなさそうなのでバスで東尋坊へ向かう。

ここも期待はずれに近い。
これは私の想像が大きすぎたのだろう。
このようなことはしばしば。
有名観光地はえてしてこんな調子だ。
それに引き替え、予備知識なしで訪れたり
無名の地で思わぬ美しい景色に出会うことも多い。

あわら温泉駅から再び越後湯沢を経由して東京に戻る。
[PR]
# by kiyohito-o | 2008-12-18 23:50 |

先輩宅訪問

保土ヶ谷に住む先輩宅を訪問。

いまどき珍しくはないが、ボジョレヌーヴォが手に入ったのでそれをt土産に。
先輩は仕事で不在だったが、かって職場が一緒だった奥様が在宅。

かっての職場の話
現在の仕事の話
互いに娘がオーストラリアのアデレードにかかわっていることなどなど。

保土ヶ谷から上大岡、横浜を経て帰宅。

久しぶりに楽しい談笑だった。
[PR]
# by kiyohito-o | 2008-11-30 23:22 | 自転車

羽田空港

今日は久しぶりに羽田空港へポタリング。

下丸子でのパソコン個別指導のインストラクションを終え
多摩川の土手でコンビニ弁当の昼飯。

土手のサイクリングロードを河口へ向かう。

ターミナル前を歩行者を避けながらゆっくりと走っていたら
立ち番の警官に降りるよう注意を受ける。

貨物ターミナルの方へと奥へ進み第2ターミナルを回って一周。

45キロしか走っていないのになぜか脚がいたい。
[PR]
# by kiyohito-o | 2008-11-01 23:16 | 自転車