自転車に乗って風を追う

常陸路を走る(つくばりんりんロード)

a0009647_14491133.jpg昨日は常陸太田から水戸を経由して水戸線笠間駅まで輪行して笠間稲荷に近い旅館に泊まった。
今朝は宿を出て笠間稲荷を参拝してから国道50号線を西に岩瀬まで走った。ここからは筑波鉄道の廃線跡を整備した「つくばりんりんロード」が土浦駅近くまで続く。
道路の整備状況はかなり良く、筑波山をみながら大きく回りこみながら、その多くは田園の中を進んでゆく。
a0009647_15203862.jpg


a0009647_1512452.jpg途中に何箇所かは鉄道があったことを証明するようにホームがそのまま残っている。昨年九州の耶馬溪自転車道を走ったことを思い出した。あそこも耶馬渓鉄道の廃線跡なので同じようにいくつかのホーム跡がみられたのだ。


a0009647_1562215.jpg
真壁を過ぎてから道を一旦左にはずれて筑波山神社へと向かった。が道はずっと上りだからタルタルーガでは到底走れないとあきらめ30分以上も押し歩く。
休憩所で昼食をとってから神社へ向かい参拝の後ケーブルカーで山頂へ上がった。
生憎とかすんでいて視界はよくなかったが眼下にりんりんロードを見つけることはでき、先のほうには霞ヶ浦が光っていた。

休憩所に戻り山を下る準備をしていると休憩所の主がでてきて「変わった自転車だね。外国製かい?」と問い始めしばし眺め回していた。「へえ、自転車にもディスクブレーキをつけられるの?」との驚きも。

名産のレンコンを収穫する光景を見やりながら走るうちに土浦の市街が近くなり駅近くでリンリンロードは終点となった。
このりんりんロードを数台のタルタルーガで走ってみたら楽しいだろうなと思いつつ土浦の駅頭で自転車たたんで帰途に着いた。


[PR]
# by kiyohito-o | 2005-03-31 22:47 | タルタルーガ

常陸路を走る(日立電鉄FINAL RUN乗車のために)

a0009647_14131959.jpgJR常磐線勝田駅で茨城交通湊線に乗り換えて阿字ヶ浦まで輪行。
途中の那珂湊以外は畑の中を行くローカル列車で、1両編成のディーゼルカーだ。
終点の阿字ヶ浦駅のホームの先には青く輝く海が見える。いかにも終点という雰囲気で一杯。


a0009647_14143948.jpgここからほぼ海岸沿いに日立電鉄鮎川駅まで走行。
海は明るい春の陽を浴びて青色がくっきりとしている。波頭が白く砕けて流れていく。
ひたち海浜公園に寄ってサイクリングロードを一回りしてみる。アップダウンもあり、花畑もあり、砂浜も近く変化に富んでいて結構面白そうで子供を中心にたくさんの自転車が走っていたが持ち込み自転車は私のタルタルーガだけだった。


a0009647_14154569.jpg鮎川駅は常磐線常陸多賀駅の2キロほど北にありJR線と国道245号線との間にはさまれて位置にある。
今日はここから常北太田駅までFINAL RUNの電車に乗るのが最大の目的だ。この鉄道は明日31日で営業を終了し廃線となる。そのFINAL RUNにと到着した電車から降りた乗客の大半は再度切符を買い求めて折り返し乗車していく。
この鉄道は日中のすいている時間帯には手荷物切符を買ってそのまま輪行できたのだが今日はこの混雑で輪行袋に入れるしかない。輪行袋に収めたタルタルーガを後部車両の運転席前に置く。
電車は途中常陸大甕(おおみか)駅でJR線と連絡するがあとは常北太田まで大きな駅はない。

常北太田駅は国道349号線をはさんでJR水郡線常陸太田駅と対している。
ここは水戸黄門の隠居屋敷である西山荘があるので、何年も前にぶらりと歩いたことがある。

[PR]
# by kiyohito-o | 2005-03-30 23:10 | タルタルーガ

会津へのバスツアー

a0009647_22222460.jpg26日から二日間で妻と会津へのバスツアーに参加した。
宿泊先の東山温泉は一度行っているが、途中「塔のへつり」や「大内宿」へ寄るという格安ツアーなので期待半分であった。

バスが那須から塩原温泉を通って会津路にはいると雪景色に変わった。
「塔のへつり」は雪が積もっていることもあり見学時間が少ないから展望台から眺めるだけであったが景観は楽しめた。味噌の宣伝のために提供している味噌汁が寒さの中で旨く感じる。

大内宿は雪も多かった。
山の中の宿場にしては広い通りの両側の家並がその雪景色の中でひっそりとしている。
これまで写真でみるこことは大きく違っていた。
雪が雰囲気を変えているのだろう。

東山温泉の朝、風呂場の窓からみる向かい側の山の木々が樹氷のように輝いている光景はきれいだった。
同じところであっても季節が違い、天候が違えば同じ景色ではないから幾度も訪れる楽しみがある。
今度は新緑のころか紅葉のときに来てみたいと思う。
[PR]
# by kiyohito-o | 2005-03-27 22:19 |

多摩川沿いを下るサイクリング

朝から終日快晴だった。
友人と青梅線奥多摩駅まで電車で輪行。
車内は中高年のハイカーが多かった。最近は若い人にハイキングは人気が無いのだろうか?
そういえばスキー場もスキーヤーが減ってどのスキー場も青息吐息の様子だがやはり若い人にスキーが好まれていないのだろうか。

ホームに出るとさすがに風は冷たさを感じるが、改札を出て駅前の陽だまりで自転車の組み立てを始めた。と、駅員の一人が通りかかり「この自転車は高いでしょう・」と声をかけてきた。
最近はあまり声をかけられることが無かったので久しぶりのことだ。
この駅員さんはリカンベント自転車を知っているようで「これは寝そべってのるんだよね」とも聞いてきた。この駅には結構輪行の乗客もいるのだろうか。

駅前から下流に向かって走り出す。
いくらもしないでトンネルがある。念のためヘッドライトを点灯し、バックライトもフラッシュ点灯にする。
道はかなりの下り勾配でペダルを踏まなくともぐんぐんとスピードを増していく。
友人は高所まで輪行してくだりの走行を経験するのは初めてだからすぐにこの楽な走行に魅力を感じ取ったようだ。
時々登り坂になることもあるが、やがて下りになることがわかっているから苦にならない。
ペダルを踏まない状態でも最高時速36キロ近くで走っていくから体力の消耗も少ない。
そんなこともあって余裕がでるから途中で玉堂美術館へ立ち寄り、14歳で本格的に日本画の勉強を始めたことに画才を認めた父親や画家との出会いに不思議を感じる。
更に青梅市の吉野梅郷に入ると「梅の公園」にも立ち寄って園内を一巡して梅の花を観賞する。さすが有名な吉野梅郷だからこの公園以外にも梅ノ木が多いので花見の客で賑わっていた。
a0009647_18191764.jpg

ちょうど昼時になって道の傍らに蕎麦屋を見つけて昼食に入る。
店内は全席埋まっていたが幸いにすぐ退出する客がいたので入れ替わるように着席する。
この店には大きな練り鉢が飾ってあり、その上の壁には練り鉢の由来が書かれていて何でも
徳川家光とのかかわりがあるものだという。
蕎麦は不ぞろいの切り方であるが腰のきいたものではあった。

青梅の市街地を抜け羽村市に入ると羽村の堰を目指した。
程なく玉川上水の取水口となる堰に到着。
晴れた春の日差しを受けた川の水面は暖かそうに輝いている。
玉川上水は滔々と豊かな水の流れとなって流れていく。来月に入れば付近は桜が咲いて見事だろうと思える。

ここからサイクリングロードを走る。
このサイクリングロードは河口まで54キロほど続くが管理者が地方自治体のため市や区の境にくると道路状態が変わってしまうのは魅力なのかご愛嬌なのか。

とまあ、友人とは京王多摩川で別れ、私は更に丸子多摩川を経由して自宅まで自走し、走行距離は79キロだった。
[PR]
# by kiyohito-o | 2005-03-19 22:00 | タルタルーガ

国道246号を走ってみたら疲れた!

相模原市に住む娘のところまでタルタルーガで出かけてみた。
以前に数度ばかりクロスバイクで行ったことがある。それもできるだけ上りを避けるような道筋を選んで。
今回は往路はこれまでと同じ道をたどり、帰路は国道246号を使ってみることにした。
相模原市役所近くから国道16号線を町田までは殆ど上りがないので快調に走れる。ただ、歩道が狭いところが多いのでどうしても車道の左端を行かねばならないから、後方からの自動車に気を遣う。
246号に入ると結構大きなアップダウンが待っている。
くだりの勢いを使って次の上りを行く。が、途中の信号で待たされるとそれもできない。
何とかかんとか高津まできて中原街道に入って多摩川を渡った。

今日の走行距離は90キロ、最高速度47キロ、走行時間5時間20分。
走行距離はタルタルーガとしては最長だった。
これで、これからもタルタルーガで長距離のツーリングに臨むことができそうだ。

しかし、さすがに疲れた!
高津手前の登り坂では脚が攣りそうになり休憩を余儀なくされた。
[PR]
# by kiyohito-o | 2005-03-10 22:58 | タルタルーガ

43年ぶりのスキー

a0009647_22444411.jpg
15日から18日まで自転車クラブの仲間3人で八幡平温泉へ行ってきた。
ここは冬場は何も無いところだから温泉に入ってのんびりしているかスキーをするほか無い。
我々は中2日間スキーをすることにした。
私にとってスキーをするのは実に43年ぶりのことというより、この1シーズンに延べ1週間ほどの経験しかないのだ。

初日はファミリーコースの短くゆるい斜面のコースで勘を取り戻すことにした。
実のところ、スキーを履いてリフトに乗り降り出来るのか非常に不安であった。が成り行き任せ出挑戦してみたら、案の定1回目はリフトを降りてまもなくしりもちをついてしまった。
1日目は終日ファミリーコースから抜け出せなかった。
小学生のグループが午後には中級コースへ移ったのをみて少し癪な気はしたが。

2日目の1回目はファミリーコースへでたものの、2回目は思い切って中級コースへ出てみた。
2000mの長いリフトだからかなり高くまで上がるし、コースも長い。
不安が一杯だったが、滑らずには仕方がないから度胸をつけてとにかくも滑り出した。当然に何度も転倒する。
2度、3度と重ねるうちにテクニックの良し悪しは差し置いて何とか転倒回数もすくなり、2300mの長いコースにも挑戦する気になって来たのには内心驚いた。
宿へ戻り、妻にメールで様子を知らせると驚きの返信がきた。「本当に滑れたの?」と。
若いときに経験したものは60を過ぎても忘れないでいるものだということを身をもって知った喜びがあった。
[PR]
# by kiyohito-o | 2005-02-19 13:41 |

多摩湖自転車道を走る

多摩湖自転車道というのがあるのを知ってはいたが行ったことがなかった。
好んで自転車道を選んで走るほうではないから行こうとも思わなかったのだ。
しかし、改めて地図を眺めると多摩湖(村山貯水池)を周回する部分もあるとわかったので行ってみることにした。
西武線に沿った道でもあり、走るのが嫌になたら輪行で戻るのもたやすいと思えたからだ。

a0009647_16465489.jpg自宅から環七を井の頭通りまでゆき、井の頭通りを7号線と交わるところまで行くとその先が多摩湖自転車道の始点となる。
多摩湖までは西武線と平行した殆ど平坦な道だ。
しかし、自転車道というものの「自転車及び歩行者専用道」であるし、付近は一般住宅も多く更には休日ということもあってそぞろ歩きの歩行者が多く突っ走るというわけにはいかない。
そのうえ、この区間にはやたらに車止めの杭がたっている。しかも杭の間隔はようやく自転車が抜けられる程度になっているからどうしても徐行せざるをえない。
a0009647_16431444.jpgここは、ママチャリでのんびりといくのが前提の自転車道と思ったほうが良さそうだ。
途中、小平には市が管理する「ふるさと村」があり古民家が保存されている。暖かい日差しをあびた家の縁側を見ていると子供の頃に両親の田舎で遊んだことを思い出してきた。

a0009647_16445740.jpg多摩湖を周回する部分は、車道の多摩湖側にあり、舗装状態もよいが多摩湖側は高い網フェンスになっているのでただひたすらに走るしかない。眺めが良さそうだからとどこででも多摩湖畔に寄る事ができないのが残念だ。
a0009647_1644126.jpg西武球場がこの直ぐ脇にあるが、改めて思う。こんなところまで野球を見に来るのはよほどのフアンだなと。
[PR]
# by kiyohito-o | 2005-02-11 23:18 | タルタルーガ

三浦半島を走る

自転車クラブの走りオフだった。
JR横須賀駅前のヴェルーニ公園に集合。総勢16名。
ロードバイク、マウンテンバイク、小径フォルディング、そして私のタルタルーガ。

a0009647_171143.jpgまずは、すぐそばの海上自衛隊基地に寄ってまじかに戦艦を見学。

さて、ここから海岸沿いに三崎へ向かう。
快晴とはいえないが陽もさして海が明るい。三笠公園、観音崎、久里浜と立ち寄りながら津久井浜へ。しばらく平坦な海岸沿いを走った後に剣崎灯台への坂道をあえぎつつ登る。a0009647_1775764.jpg


昼食予定の三崎までもうすぐという急坂の上りでメンバーの1台がパンクトラブル。これを待つ間いた高台の公園は冷たい風が吹いて少し寒かった。a0009647_17231326.jpg
無事パンク修理に手間取りそうだということで他のメンバーは先行して三崎のマグロ料理を出す食堂へと急ぐ。
店内は満席。並んで順番を待つ間に遅れたメンバーはやってきた。
さしみ、てんぷら、かぶと煮などおもいおもいの料理を注文。

昼食を終え、京急三崎口への上り坂をゆく。今日最後の大きな坂だ。ようやく上りきるとすぐにくだりに入り程なく駅に到着。ここで約半数が輪行で帰途に着く。
私は、残りのメンバーと鎌倉駅まで走ることにした。
先導役が「巡航速度24キロでいいですか?」と尋ねてくる。「ちょっときついかもしれないけど、ついていけなかたっら先にいってください。道はわかるから」と答え後をついて走る。
思いのほか脱落せずに快調に走れた。
途中、葉山のあたりで夕日がきれいだった。

走行距離73キロ、最高速度40キロ、走行時間4時間20分。
十分に走ったという感じだ。
[PR]
# by kiyohito-o | 2005-02-05 23:30 | タルタルーガ

一族親睦会

29日から30日にかけて群馬県の四万(しま)温泉に夫婦で行ってきた。
この旅の目的は、私の母方の叔母と従兄弟たちが集まっての親睦会出席だ。
親睦会は6年前から隔年で実施され、初回は東京の浅草観音の近くで行われ総勢40人余りも集まった。その後は栃木県の湯西川温泉、岐阜県の平湯温泉に集まった。
回を重ねてくると、関心も弱くなるのか人数も減り今回も二人の叔母の他は後継ぎの立場にある従兄弟夫婦の総勢17人だ。

一族の間に祝儀、不祝儀があれば顔をあわせるので見慣れた顔ばかりではあるが、親睦会というだけにもっぱら語らい歌うことで楽しい時間が過ぎてゆく。
従兄弟たちは誰も50代後半になってきただけに若い頃には感じなかった親類づきあいの意義を大切にしたいと思うようになっているようだ。

夜は部隊付の広間で宴会を始めるが、それほど酒が飲めないのは一族の血筋か、もっぱらカラオケに夢中になる。
従兄弟の中に宴会の席を盛り上げるに長けた者がいる。
普段はどちらかといえば無口なのだが、酒が回ってくるというと陽気に進行役を勤め、自らもかっぽれを踊ったりして皆を喜ばせる。

そうした中で私はいつしか映像記録係となってビデをカメラとデジタルカメラで皆の姿を撮りまくるのは、一つに芸が無いからだ。
次の時には何か驚かせる芸でも披露してみるかと思いはするのだが、なかなか実践できないでいる。

一夜が明けて外を見ると雪が盛んに降っていた。かなり勢いがいい。
チェックアウトの後、マイカーの連中を送り出したあと私たち夫婦と実姉の三人で日向薬師まで雪の降る中を散策に出た。
久しぶりの雪道を歩くのは気持ちが良い。
登山を趣味にしていた姉がいなければ出かけなかっただろう。

戻り道の半ばで雪はやみ、晴れ間も出てっきた。
昼時の山間でもあり風がさえぎられて割りと暖かい。
が、バスで中之条駅にでると晴れているにもかかわらず風が冷たく寒い。
遠くの赤城山がすっきりと広いすそのの姿を見せていた。
[PR]
# by kiyohito-o | 2005-01-31 23:13 |

自動車との事故

自転車(クロスバイク)で出勤途上に自動車との事故にあってしまった。
大抵は幹線道路を行くのだが、今朝は時間に余裕があったことからのんびり行こうと裏通りを走った。JR東海道線沿いの道を行くと右手に大手の仕出弁当会社がある。会社の近くまでいくと事業所から数台続いて配達車がでてくるから徐行気味に進むと、右折しながら私の前にでてきた配達車は左側に駐車している車を避けるために右に蛇行する。少し先にはもう1台が駐車しているのを私は確認していたので、前を行く配達車がまた右へ曲がったのはそれを避けるためだろうと思いつつやや右寄りにゆっくりと後ろへついて走った。が、配達車は直進せずにどんどん右折して私のほうへ寄ってくるからあわてて私も右へ避けようとしたがいくらもしないうちに自転車の前輪は自動車のタイヤに接触して巻き込まれてしまった。
幸いに私自身は無意識のうちに自転車から飛びのいたので全く打撲も怪我もせず前輪大破の物損だけですんだ。
配達車が右折のウインカーを出していたら私も停止していたのだがそれもなく、なおかつドライバーはバックミラーでの確認もしていなかったと思われる。というのは、接触したときもきづかなかったようで、自転車を踏み潰して気がついたようだ。
双方が低速であったからよかったが、こちらがスピードを出していたら私も打撲や怪我の程度がおおきかったのではと想像する。

じつはこの自転車では1年前にも自動車との事故にあい、前輪を大破し交換させている。
それも裏通りではあるが信号もあるところで横断中に対向からきた右折車が前方未確認のまま一時停止をしないでぶつかったきたのだった。

安物とはいえ、買ってから丸3年。自転車自体の不良からくるトラブルもなく旧中仙道を江戸から京都まで走ったのを始め、あちこちをツーリングしてきたのだから愛着もあるので修理して乗り続けたいと思ってはいるのだがどうだろうか。

しかしそれにしても、幹線道路の車道左側をはしるよりも、裏通りや歩道を走るほうが遥かに危険を感じるようになった。歩道でも裏通りでも特に自転車に一番の危険を感じる。
自転車利用者のマナーが一段と悪くなったように思えるが、過日のニュースでどこかの県警かで調査したところ自転車の事故を起こした人の半数が自動車免許をもっていないことから、自転車に乗るについて必要な交通法規を知らないことが大きな要因でもあると報じていたが多分に肯定できる。

自分では充分に注意しているつもりではあるが相手があっての事故は防ぎようがないのである種の覚悟を持って自転車を利用するしかないといっては大げさだろうか。
[PR]
# by kiyohito-o | 2005-01-18 22:22 | 自転車